header
アチャールとは

アチャールはオイルと香辛料で作る漬物
材料
アチャールはにんじんやしょうがなどの野菜、マンゴーなどの果物に、マスタードオイルをベースにした香辛料を加えて作る漬物です。インドやネパールで広く作られ、使う材料や香辛料の種類によって味も種類もバリエーション豊かで、家庭ごとに好みのアチャールが作られています。インドやネパールの人々にとって、アチャールは「お袋の味」的な漬物です。

発祥はインド?
アチャールはインドやネパールで日常的に作られている漬物で、特にインドではカレーに欠かせない食べ物です。和食の漬物や韓国料理のキムチのように、カレーの定番料理のため、アチャールの発祥はインドと考えられています。しかしネパールなどの周辺諸国でも同様なアチャールが作られているため、はっきりしたルーツは分かっていません。また、ネパールではアチャールの他にからし菜などの葉を、塩を使わずに乳酸発酵させて作る「クンドルック」という漬物が作られています。

「浅漬けタイプ」と「発酵タイプ」がある
アチャールには「浅漬けタイプ」のものと「発酵タイプ」のものがあり、どちらもオイルと香辛料を使うのが特徴です。浅漬けタイプはオイルと香辛料にさっと和え数時間後に食すことができます。一方、発酵タイプのアチャールはマスタードオイルと香辛料に浸け2週間ほど発酵させ、酸っぱくなったものを食べます。ともに酵素の働きが生きており、発酵タイプのアチャールは常温で1~2年の保存が可能です。

どんな食材でも作ることができる
アチャールに使われる食材は実に豊富です。大根、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、マンゴーなどがよく利用されていますが、基本的にどんな野菜でもアチャールを作ることができます。浅漬けタイプのアチャールの場合、和え物感覚で食すことができるので、身近な野菜や果物でオリジナルアチャールを作ってみてはいかがでしょうか。

footer