header
ピクルスに含まれる主な成分
ピクルス(Pickles)は英語で漬物のことです。きゅうりがポピュラーですが、玉ねぎ、にんじん、カリフラワー、ピーマン、オリーブ、ビーツなど好みでいろいろな野菜で作ることができます。作り方は、乳酸発酵で作るものと、酢を使った調味液に漬けて作るものの2種類があり、どちらもさまざまな香辛料を使い、酸味の強いのが特徴です。

植物性乳酸菌が豊富な「乳酸発酵のピクルス」
乳酸発酵で作るピクルスは、野菜の中のブドウ糖や果糖などの糖類を分解して乳酸や酢酸を作り出す「植物性乳酸菌」が豊富に含まれています。
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌(ヨーグルトやチーズなどの乳製品で働く乳酸菌)に比べて胃酸などに強く、生きたまま腸に届く割合が高いため、腸の働きや免疫力を高める働きに優れていると指摘されています。発酵することで増えた乳酸菌は腸内で大腸菌などの悪玉菌と戦い、腸内をキレイにして体の免疫力強化に働きます。便秘や肌荒れ予防に有効で、また胃がんや慢性胃炎の一因と考えられているピロリ菌に対する抗菌作用や、花粉症などのアレルギー症状の緩和などの作用があることも報告されています。

酢の効能が活躍する「調味液に漬けて作るピクルス」
乳酸発酵させないでピックル液に漬けて作るピクルスは、乳酸発酵のピクルスに比べて味がまろやかです。乳酸発酵により減少するビタミンAやCの損失がないため、野菜の持つビタミンやミネラルなどの栄養成分を損なうことなく取り入れることができ、健康肌や整腸作用などが期待できます。また、酢の持つ疲労回復や食欲増進などの効能を取り入れることができるため、血圧の正常化、動脈硬化の予防、コレステロール低下などの効能が報告されています。

豊富な食物繊維が体内を掃除する
野菜が主原料のピクルスには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は体内では消化できない炭水化物でエネルギー源にはなりませんが、体の掃除係として腸内の老廃物を排泄するため、「第6の栄養素」とも呼ばれています。食物繊維は老廃物を排泄して腸内の善玉菌の増加を助けるため、便秘解消やコレステロール値低下、肌荒れ予防、美肌作りに効能を発揮します。

酸味のクエン酸はビタミンB群と一緒に取ると効果が高まる
ピクルスの酸味にはクエン酸が含まれています。ピクルスの持つ疲労回復効果はこのクエン酸の働きによるもので、その効能はビタミンB群を一緒に取ると倍増します。また、クエン酸は、吸収の悪いカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収を促進する働きにも優れています。

footer