header
ザワークラウトとは

「酸っぱいキャベツ」
ザワークラウトとは「酸っぱいキャベツ」という意味のドイツ語です。ヨーロッパの食文化は肉が中心で、肉を塩漬けにして作るハムやベーコンなどの加工品が多く作られています。これらの肉加工品の味を引き立てるのに欠かせないのが、ヨーロッパの「酸っぱい」漬物で、その代表格がザワークラウトです。副菜としてソーセージなどに添えられたり、肉と一緒に煮込んだりして利用され、特にドイツでは「フィルダ—クラウト」というザワークラウト専用のキャベツの品種があり、そのキャベツを使って歯触りのよいザワークラウトが作られています。

ルーツは紀元前の古代ローマ時代
ザワークラウトはドイツを中心に発達してきた食品ですが、ルーツは紀元前の古代ローマ時代に誕生した「キャベツに果汁や酢をかけて樽で保存したもの」と言われています。13世紀半ば頃の文献にはドイツでザワークラウトの製造会社があったという記録が、16世紀の王族の結婚式のメニューとしてザワークラウトが供されたとの記述も残っています。寒さ厳しいドイツでは、ザワークラウトは冬の貴重な野菜の保存食として人々の健康維持に欠かせない栄養源でした。

豊富なビタミンCが壊血病を予防する
16世紀になると、ザワークラウトに壊血病予防効果があることが知られるようになり、特にビタミンC不足に悩む船上での船員の食糧として利用されるようになります。イギリスの探検家であるキャプテン・クックは1768〜1771年に亘る第1回の南太平洋探検航海の時に、ザワークラウトとかんきつ類を船に積み込み、船員の壊血病発症を予防したと言われています。壊血病とはビタミンC欠乏により発症する病気で、歯肉からの出血や全身倦怠感などの症状を伴う栄養失調症です。船上では新鮮な食糧不足から慢性的なビタミンC欠乏が起こり、それによって発症する壊血病が深刻な問題になっていました。この船上での壊血病予防に、ザワークラウトに豊富に含まれるビタミンCが大きく貢献したのです。

世界中で食されているザワークラウト
19世紀に入ると、新大陸へ向けて各国からの移民が盛んに行われるようになり、ザワークラウトはドイツの移民たちによってアメリカ大陸に伝わります。ヨーロッパの漬物だったザワークラウトは今やソーセージとともに全世界で食べられている食品となっています。各国によって名称もさまざまで、英語では「サワークラウト」、フランス語では「シュークルート」、オランダ語では「ズールコール」、ロシア語では「クヴァ—シナヤ・カプースタ」と呼ばれています。

footer