header
ヨーグルトとは

ヨーグルトとは
ヨーグルトは発酵乳の一種で、乳に乳酸菌を接種して発酵させ、カゼイン(牛乳のたんぱく質)を酸で凝固させた食品です。近年の腸内細菌研究の進展に伴い、腸内細菌がヒトの健康や老化に深い関係があることが明らかになるに連れ、ヨーグルトの知名度は上がり、今や全世界で健康食品・嗜好品として食されています。

ヨーグルトの歴史
ヨーグルトがいつ・どこで・どうして生まれたのかははっきりしていませんが、誕生の記録や伝説などは世界各地に数多く残っています。よく知られているのが、砂漠を旅する商人が羊の胃袋で作った水筒に山羊の乳を入れて旅していた所、開けてみたら中身が固まって酸っぱくなっていたといわれるアラビアの民話です。これに近い伝説は多くあり、たぶんに最初のヨーグルトはそのような偶然から生まれたと考えられています。
今から5000~6000年前の古代エジプトではすでに「飲むヨーグルト(=酸っぱい乳)」が食されていたと伝えられています。

日本のヨーグルトの歴史
日本では6世紀半ばに仏教とともに乳を利用する文化が中国から伝来します。それまで役牛として飼っていた牛から乳を取り、その乳で「酥(そ)(今のチーズ)」「酪(らく)(今のヨーグルト)」「醍醐(だいご)(今のバターオイル)」などが作られていたと言われています。701年には全国に「乳(にゅう)戸(こ)(牛乳をしぼる家)」が定められ、732年には年貢として「酥(そ)」を納めさせていたと文献に残っています。「酥」を納める制度は長く続きますが、武士が権力の中心になるにつれ牛の牧草地は軍馬用となり、やがて消滅していきます。
その日本でふたたびヨーグルトが脚光を浴びるのは1970年の大阪万博。万博のブルガリア館に展示されていたブルガリアヨーグルトのサンプルを、乳業会社の開発担当者が持ち帰り製品にしたことが、その後の日本でのヨーグルト市場拡大へとつながっていきました。

二人の研究者 イリア・メチニコフとスタメン・グリゴロフ
ヨーグルトが世界的に一躍注目を集めたのは、ノーベル生理学・医学賞を受賞したウクライナ(当時のロシア)のイリア・メチニコフの研究と、スタメン・グリゴロフのブルガリア菌発見によるものです。
不老長寿の研究をしていたメチニコフは、その研究過程で長寿者の多いブルガリアのスモーリャン地方でよく食されていたヨーグルトに着目します。そして1907年、メチニコフは著書でヨーグルトを不老長寿の食品として紹介します。時を同じくして、ブルガリア出身のスタメン・グリゴロフがヨーグルトの乳酸菌である3種類のブルガリア菌を発見します。
この二人の研究と発見により、ヨーグルトは「不老長寿の食品」として、一躍世界に注目され現在に至っています。

footer