header
あさつきとは

あさつきは古くから自生してきた野草
材料
あさつきはユリ科の多年草で、根にはらっきょうに似た長卵形の鱗茎(りんけい)があり、その外皮はややかたく、薄い紫褐色を帯びています。中国・日本・朝鮮半島の山野で古くから自生してきた野草で、ねぎよりも色が白く、わけぎ(ねぎとたまねぎの種間雑種)に似た香りを持っています。ハーブの仲間といわれるチャイブの変種ともいわれており、冷涼地に広く分布し、春、若芽のやわらかい内に取ってにら同様に油で炒めたり、茎は刻んで薬味などに利用されています。高い効能を持つ香草で、東北や関東地方では野菜として栽培されています。

『万葉集』や『源氏物語』にも登場
あさつきは、にらやにんにくと一緒に滋養野菜として重宝され、春の貴重なビタミン源として食されてきた香草です。その存在は『万葉集』や『源氏物語』にも登場し、1709年貝原益軒(かいばらえきけん)(江戸時代の本草学者)によって編纂された『大和本草(やまとほんぞう)』にはその名の由来として「やせたる=細い」「き=葱の古語」と記され、ねぎの仲間ではもっとも細いことからこの名で呼ばれていると著されています。また色がねぎより薄い(浅い)ことからこの名で呼ばれているとの説もあります。山野に自生することから地域ごとに「せんぼんわけぎ」「いとねぎ(糸葱)、」「えぞねぎ」「三月わけぎ」など、様ざまな呼び名で呼ばれています。

闇夜でもよく物が見えていた古代人
あさつきは体の生理機能を整える薬食同源(医食同源)の食べ物です。葉の濃い緑部分には、体内でビタミンAの働きをして眼に栄養を与えるβ‐カロテンが豊富に含まれています。そのことから、あさつきを常食していた古代人は闇夜でもよく物が見えたといわれています。『本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)』(江戸中期の本草書。人見必大著)に、あさつきの効能として「気を下し、食を消し、また能く食を進める」と書かれています。胃を丈夫にし、風邪・神経痛・頭痛などの予防をし、腸の働きを整える効能があり、虚弱体質や病後の栄養補給に食されてきました。

コンパニオンプランツとして働く
チャイブの変種といわれるあさつきは、コンパニオンプランツ(共栄作物)として利用することが可能です。コンパニオンプランツとは主植物の傍に栽培すると主植物の生長にプラスに働く植物をいい、あさつきはトマトやナスのコンパニオンプランツとしてアブラムシを回避、またにんじんのコンパニオンプランツとして土壌の殺菌に働くといわれています。

お雛さまのお供えに欠かせない山菜
初春に緑の葉をつける香気豊かなあさつきは、カルシウムやカリウムなどのミネラル類や、β‐カロテンやビタミンB群・Cなどのビタミン類などを豊富に含む野草です。その強い生命力と生長の早いことから、子どもの健やかな成長を願い、お雛さまのお供えに欠かせない山菜とされ、今なおその風習が残っています。

footer