header
あさつきに含まれる主な成分
あさつきは山野に自生し、春の貴重な栄養源として古くから食されてきた香草です。白い部分は淡色野菜、青い部分は緑黄色野菜で栄養成分が異なります。青い葉の部分には体内でビタミンAの働きをするβ‐カロテンが豊富に含まれ、白根部分には薬効部分が多く含まれています。ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などの栄養成分が含まれ、特有の辛みは硫化アリルの一種のアリシンです。

特有の香り成分「アリシン」が健康維持に働く
あさつき特有の香りはねぎ類に含まれる硫化アリルによるものです。硫化アリルの一種のアリシンには、ビタミンB1の吸収を高める働きがあり、消化液の分泌をよくして食欲を増進させ、疲労回復に働きます。血行をよくして体を温め、血小板の凝集を抑制して血液をサラサラにし、血中コレステロール除去に働くことから、血栓・糖尿病・高血圧・動脈硬化などの予防に働きます。また殺菌作用も高く肉や魚の生臭さを和らげる作用も持っています。アリシンは揮発性成分のため、長く加熱したり水にさらし過ぎると、その効能が半減してしまうので注意しましょう。

カロテンが視神経の働きをよくする
あさつきの葉の部分にはβ‐カロテンが豊富に含まれています。β‐カロテンは皮膚や粘膜を健康に保ち、視神経の働きをよくする栄養成分です。欠乏すると暗い所での視力が低下し、夜盲症(暗い所で物が見づらい)を引き起こすことがあります。古代人が闇夜でもよく物が見えたといわれているのは、このカロテンの働きによると伝えられています。カロテンは吸収率が低いのですが、脂溶性の成分なので油を使った料理法にすると吸収率を高めることができます。

抗がん作用や抗ウイルス作用に働くビタミンC
あさつきの葉の部分に多く含まれるビタミンCは、毛細血管や皮膚、骨や粘膜を強化する働きを持ち、生理作用は抗がん作用、抗ウイルス作用、解毒作用と多岐にわたっています。欠乏すると皮下出血や歯茎が紫色になったり、壊血病(体内の各器官で生じる出血性の障害で、全身の倦怠感や関節痛などが現れやがて死に至る)を引き起こします。風邪や発熱時の消耗が激しく、また貧血の時にも鉄と同時に赤血球の再生を助ける働きをします。熱に弱く水溶性のビタミンなので、生食が好ましく、加熱の場合は炒めたり揚げたりすると損失が少なくてすみます。

豊富なカルシウムが骨や歯を強化し、筋肉のけいれんや精神的なイライラを予防する
あさつきに含まれるカルシウムは、体内にもっとも多く存在するミネラルで、大部分は骨や歯に含まれています。そのため不足すると骨や歯がもろくなったり、筋肉のけいれん、精神的なイライラ、心臓筋肉の収縮作用の異常、出血が止まらないなど、様ざまな症状を引き起こします。カルシウム吸収にはビタミンDが関与し、またリンの割合が多いとカルシウム吸収は悪くなります。カルシウム補給に牛乳がよいといわれるのは牛乳にビタミンDが含まれているからです。

footer