header
あざみ(薊)とは
材料
広く一般に見みられるのは「野あざみ」
あざみはキク科アザミ属の多年草で、北半球に300種ほど分布しており、日本では山野から海岸までの広い範囲に50種類ほどが自生していると言われています。あざみという名前は「ノアザミ」「ノハラアザミ」「タイアザミ」「キセルアザミ」「サワアザミ」「トネアザミ」など数多くのキク科アザミ属の植物の総称なので、単に「あざみ」と呼ばれ野草はありません。数多くあるあざみの中で最も普通に見られるのが「ノアザミ=野あざみ」で、北海道を除く日本各地で自生しています。

鋭いトゲを持つあざみはスコットランドの国花
あざみの葉はやや厚く羽状に分かれ、縁が大小の鋸歯になっており、その先端はかたいトゲになっています。直立して伸びる茎の太さは1cmほどで軟毛が多く、高さは50cm~1mに生長します。花期は6~8月で、茎の先端に眉刷毛に似た直径3~5cm大の花をつけます。花の形状は球状から筒状で、色は桃色から紫色。花後は綿毛を持った種をつけます。あざみの多くは葉や花にトゲがあり、スコットランドではそのトゲによって外敵から国土が守られたとされ、15世紀に国花となっています。

別の属のあざみたち
「あざみ」の名がついても、植物学上は別の属のものがあります。代表的なものは和名「チョウセンアザミ=朝鮮あざみ」と呼ばれる高級食材として有名な「アーティチョーク」。蕾の一部を食するアーティチョークはキク科キナラ属の植物で、カルドンといわれる巨大あざみが原種といわれています。その他「キツネアザミ」「ヒレアザミ」「ミヤコアザミ」「キクアザミ」などがあります。

江戸時代には栽培されていたあざみ
一般に栽培されているあざみは、野あざみを改良した花あざみで、別名「ドイツあざみ」とも呼ばれています。『本草図譜(ほんぞうずふ)』(江戸時代末期の本草書。約2000種の植物が分類されている。著:岩崎灌園)に野生種ではない色彩のあざみが掲載されていることから、当時からあざみの栽培が行われていたことが推測されます。

あざみの漢名
あざみの名が登場するのは古く、『本草和名(ほんぞうわみょう)』(平安時代に編纂された日本現存最古の薬物辞典。深根輔仁:著)に「阿佐美」、『新撰字鏡(しんせんじきょう)』(10世紀初頭の12巻からなる漢和辞書)には「阿佐弥」と表記されています。また、「虎薊=大薊」「猫薊=小薊」「馬薊」「刺薊」「山牛蒡」「千針草」「野紅花」などの漢名があることから、古くからあざみには「薊」の字が当てられていました。「薊」は「鬢(がい)=髪を頭のてっぺんで束ねる」と同義で、あざみの花の姿が髪の毛を頭のてっぺんで束ねる姿に似ていることから、その字が当てられました。

あざみの名の由来
あざみの名の由来として、①『大言海』に「刺の多いのをアザム(傷つける、驚きあきれる)の意か」と説明している。「あざむ」は軽蔑するとか蔑むといった意味 ②『日本語源』(著:加茂百樹)に「花に紫と白とがアザミ(交)たる義」とあり、花の色が交互にまざり合っているから ③『日本古語辞典』(著:松岡静雄)に「アザ(似而非)ミ(実)であって、頭状花序が実と似ているから ④『植物名の由来』に「“傷むの”意を持つアサマ」が転訛して「アザム→アザム草」となり、このアサム草が転じて「あざみ」と呼ばれるようになったなどの諸説が名の由来として伝えられています。
英語の「thistle」、ドイツ語の「Distel」はともにインドゲルマン語の「つき刺す」を意味する語から出たと言われているように、名の由来は鋭いトゲが関係していると考えられています。(出典:『植物和名の語源』(著:深津正)

あざみの根で作られる土産物の「山ごぼう」
あざみの根は形や味がごぼうによく似ています。このあざみの根を味噌漬けなどにしたものは「山ごぼう」「菊ごぼう」などの名称で、土産物として販売されています。一般に土産物店で販売されている「山ごぼう」の多くは、栽培された「もりあざみ」の根で作られています。

本物の山ごぼうは有毒植物
本物の山ごぼうは学術上の種名はキク科ではなく、あざみとは類縁関係の遠いヤマゴボウ科。薬用にはなりますが、有毒植物なので要注意です。本物の山ごぼうを採取して食すと、食中毒を起こすので気をつけましょう。

生薬名は「薊(けい)」
夏から秋の開花期に採取した葉と根をよく洗った後に刻み、天日で乾燥させたあざみは、生薬名を「薊(けい)」「大薊(だいけい)」といい、特に止血効果が高く、利尿、解毒、子宮筋腫や月経不順、健胃、神経痛、湿疹、かぶれなどに用いられています。根部分を乾燥させたものは持続性のある血圧降下作用があるといわれています。民間療法として利用されてきた歴史を持ち、「すりつぶした根を腫れ物に直接湿布する」「葉の生汁を顔のはたけに付ける、腫れ物や湿疹の塗り薬にする」「すりおろした根のおろし汁を火傷や腫れ物、毒虫などの虫刺されにつける」「神経痛には根を煎じて飲む」などが伝わっています。

footer