header
クローバー(白つめ草・赤つめ草)とれんげ草

草遊びに利用される身近な野草
材料
クローバーはヨーロッパ原産、れんげ草は中国原産の野草です。ともにマメ科1・2年草あるいは多年草の植物で、地面をはう茎の節部から根を出して四方に広がります。強い生命力を持ち、花には清々しい香りがあるため、古来から指輪や首飾りなどの草遊びにも広く親しまれている身近な植物です。

雑草駆除や土壌改良に有効な野草
クローバーもれんげ草も利用目的は一緒です。れんげ草より少し遅れて咲くクローバーは世界に約300種存在するといわれ、日本には牧草として渡来し、その後日本各地で野生化したといわれています。クローバーもれんげ草も空気中の窒素を固定する作用を持ち、根にも窒素をたくさん蓄えているため、緑肥と一緒に土に混ぜ込むと窒素の多い土になるといわれています。クローバーとれんげ草は日本全土の道端や空き地、畑の縁などに自生する生命力の強い植物で、雑草駆除や土壌改良に有効な野草です。

ガラス容器のクッションに利用されたクローバー
クローバーは花の白いホワイトクローバー(白つめ草)と、花の赤いレッドクローバー(赤つめ草)があります。日本では白つめ草、赤つめ草と呼ばれる呼称が一般的ですが、クローバーが「つめ草」と呼ばれるようになった由来は、オランダからのガラス容器の輸入に際し、ガラス容器のクッション代わりにクローバーの枯草を詰めたからといわれています。クローバーの葉はハート形の小葉が3枚つくのが一般的ですが、突然変異で4枚葉になることがあり、4枚葉は「四つ葉のクローバー」と呼ばれ、幸福をもたらすと伝えられています。「オランダゲンゲ」「シロレンゲ」「ツメクサ」「ホワイトクローバー」などの別名を持っています。

れんげ草の名の由来
中国由来のれんげ草は30cm程度になる長い花茎を葉と葉の間から伸ばし、小さな蝶の形に似た小さな花を輪状に咲かせます。その様が蓮の花に似ていることから「れんげ草(蓮華草)」と呼ばれるようになったといわれています。れんげ草の花期は春から初夏で、花の色は紅紫色。花には蜜があり、万葉の時代から飼料や緑肥に利用されてきました。別名「ゲンゲ」とも呼ばれ、白つめ草と違って踏みつけに弱い側面がありますが、除去しやすい性質を持っています。

れんげ草の生薬名は「紫雲英(しうんゆい)」
れんげ草の生薬名は「紫雲英(しうんゆい)」といい、利尿・解毒・咳止め・痔・冷え性・美肌・しもやけ・やけどなどに利用されています。れんげ草は全草が薬用部分となり、初夏から秋にかけて採取し利用します。乾燥した全草を適当に刻んだものを布袋に入れて鍋で煮詰め、袋ごと煎じた煮汁を湯船に入れるれんげ湯は、冷え性予防として伝わる民間療法です。

レッドクローバーは西洋のメディカルハーブ
クローバーはヨーロッパ原産のため生薬名はありませんが、れんげ草の生薬名「紫雲英」と同様の薬効を持っています。採取時期や薬用部分も同じですが、痛風などの体質改善に効果があるとされています。花の赤いレッドクローバー(赤つめ草)にはイソフラボンやアントシアニンが豊富に含まれ、女性ホルモンのバランス調整、利尿、美肌、更年期障害の症状改善などに働くため、西洋のメディカルハーブとして利用されています。
材料
footer