header
どくだみ(蕺草)とは

高い生命力を持ち、原爆投下の広島の地に真っ先に芽を出したどくだみ
材料
どくだみは中国から伝来したといわれるドクダミ科の多年草で、本州から沖縄に亘る広い範囲に分布し、野原、道端、荒地、溝、水田などの日陰や湿った場所を好んで群生します。初夏に十字型の白い穂状の花をつけ、草丈は20~50cmほどに生長。花の後に球形に近い褐色の小さな果実を付け種子ができますが、子孫を作れない不燃性の種子のため地下茎を伸ばして繁殖していきます。葉はさつまいもの葉に似たハート形で、特有の強い香り(臭気)を持っています。この臭気ゆえに敬遠されがちですが、高い生命力と薬効を持つことから健康食材として古来より食され、かつて原爆が投下されて焼け野原になった広島の地に、真っ先に芽を出したのがどくだみだと伝えられています。

どくだみと呼ばれるようになったのは江戸時代中期から
特有の香り(臭気)から、何か毒でも入っているのではと推測され、「毒溜(どくだめ)=毒を溜めている→どくだみ」と呼ばれるようになったといわれる一方、「毒矯(どくだめ)=毒を矯正する」、「毒痛み(どくいたみ)=毒や傷みに効能がある」という意味合いからどくだみと呼ばれるようになったと、名の由来は諸説あります。古来は和名として「之布岐(しぶき)」と呼ばれ、野菜の一種として食されていたことが文献に記されています。どくだみという名称で呼ばれるようになったのは江戸時代で、この頃から民間薬として利用され始め現代に至っています。強い生命力で日本各地に生息することから「どくけしそう」「どくなべ」「ほとけぐさ」「かみなりのへ」「さんかくそう」「じごくそば」「はっちょうぐさ」など数多くの別名を持っています。

常用しても副作用がないのはどくだみだけ
『日本薬局方(にほんやっきょくほう)』ではどくだみの生薬名は「十薬(じゅうやく)」。「十の薬効を持つ」「十の毒を消す」の意が名の由来といわれています。十薬はどくだみの花期の時に地上部から取って乾燥させたものを指し、煎じてお茶代わりに飲むことで、利尿、便秘、高血圧などの予防に有効であるといわれています。『大和本草(やまとほんぞう)』(貝原益軒 著)には馬に与えると「十種ノ薬ノ能アリトテ十薬ト号スト云」と書かれています。一般に薬草は過剰摂取にはリスクが伴いますが、どくだみだけは常用しても副作用がないといわれ、継続的な摂取により、老廃物が排泄され新陳代謝が促進されるといわれています。しかし、『本草綱目(ほんぞうこうもく)』では多食への健康被害の記述もあり、いずれにせよ、どくだみのみを多食することはマイナス要素を引き起こす可能性があるので、多食は避けましょう。

※日本薬局方:薬事法第41条により、日本国内の医療に供する医薬品の性状及び品質を定めた基準。厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める。

特有の臭気で、虫除けや臭い消し
薬効の高いどくだみは、その特有の香り(臭気)から日常生活の中で虫除けや臭い消しに利用されてきました。現代においても根元から切り取ったどくだみ3~4本を瓶にさし、冷蔵庫の隅の方に入れて脱臭剤の代わりなどに利用されています。

入浴時の利用も有効
虫除けや消臭以外にも、どくだみは入浴時にも利用されます。血液の循環がよくなる、消炎作用があるなどの効能を持っているため、冷え性や皮膚炎などの改善に働きます。入浴時に利用する時は、乾燥したどくだみの煎じ液を浴槽に入れる場合と、布袋に乾燥したどくだみを入れて水の段階から浴槽に入れて沸かす場合の方法があります。血行がよくなり皮脂分泌も活発になるため、民間療法として伝えられてきた歴史を持っています。

諸外国では珍重される品種もある
どくだみは特有の香り(臭気)ゆえに嫌われ雑草扱いされていますが、総苞片(そうほうへん)をたくさん付ける八重咲きのものや、葉に乳白色の斑が入る種類のものもあります。斑入りのどくだみを日本では「ごしきどくだみ」、海外では「カメレオン」と呼ばれ、希少ゆえに珍重されています。

footer