header
にんにくに含まれる主な成分
弥生時代に伝来したにんにくは、強烈な刺激臭を持つゆえに、悪霊除けや強壮食品として利用されてきた長い歴史を持っています。にんにくの薬効は何といってもその強烈な刺激臭を持つ「アリシン」によるものです。その他スコルジニンやゲルマニウム、セレンなどの成分が含まれており、にんにく摂取は総合的に血行促進、疲労回復、抗がん作用などに働きます。

強い殺菌力や疲労回復効果を持つアリシン
にんにくにはアイリンという無色無臭の結晶成分がたくさん含まれています。このアイリンは切ったりおろしたりして空気中の酸素に触れると、にんにくに含まれているアリナーゼという酵素の働きによりアリシンという硫黄性化合物に変化します。にんにくの強烈な刺激臭はこのアリシンによるものなので、粒のままであれば刺激臭は生まれません。アリシンは強い殺菌力を持ち、食品についた細菌のみならず、体内に侵入した風邪などのウイルスまでも殺す力を持っています。

アリシンは血行をよくして肝臓を守る
アリシンには血行をよくする働きもあり、冷え性、肩こり、腰痛などにも効果があり、胃粘膜を刺激して胃液の分泌を促すため食欲増進に働きます。また、肝臓の働きを活発にし、有害物質から肝臓を守る働きがあるため、お酒を飲む前ににんにくを食べると、肝臓の解毒酵素を増やして二日酔いなどの症状予防に有効です。すい臓のインスリンの分泌を活性化する働きもあるため、糖尿病やすい臓がんの予防や改善にも効果が期待できます。

ビタミンB1と結合してアリアチミンに変化する
アリシンはビタミンB1と結合するとアリアチミンという物質に変化し、ビタミンB1の吸収を高める働きをします。ビタミンB1はエネルギー生産に必要不可欠な水溶性のビタミンですが、体内での吸収率が悪く、大半が体外に排出されてしまうという欠点をもっています。しかし、アリシンと結びついてアリチアミンという物質になると、吸収率がよくなり、体内に長く留まり、新陳代謝が活発になります。体内でエネルギーがスムーズに生産されることにより、滋養強壮、疲労回復や脳の活性化、ダイエットなどに効果を発揮します。

アリシンの加熱で生まれるアホエン
アリシンは加熱(50~80℃)するとアホエンという物質が生成されます。アホエンは強い抗菌作用と抗血栓作用があり、血液をサラサラにして血流をよくし、血栓ができるのを防ぐため、脳卒中や心筋梗塞などの予防に働きます。このアホエンの作用は微量でも得られ、効果は3日間ほど持続するといわれています。脂溶性なので、油と一緒に取ると吸収がよくなります。

ホルモンを刺激して強壮作用に働くスコルジニン
にんにくにはスコルジニンという微量栄養素が含まれています。スコルジニンはホルモンを刺激するため強壮効果に優れています。新陳代謝を活発にして血行を促す作用に優れているため、体全体がぽかぽかして冷え性予防に働きます。さらに疲労回復や心臓の働きを活発にする作用にも優れています。

ゲルマニウムが体の隅々まで酸素を運ぶ
にんにくにはゲルマニウムという鉱物由来のミネラルが含まれています。ゲルマニウムには有機と無機の2種類があり、にんにくに含まれるゲルマニウムは有機ゲルマニウムです。有機ゲルマニウムは水溶性のため血中に溶け込み、体内の酸素と結合して体内の隅々まで酸素を運ぶ働きをします。酸素を体の隅々まで運び、疲労回復・強壮作用・抗がん作用などに働きます。体外への排出性も高く、中毒の心配のない安全性の高い成分です。

セレンが発がん抑制に働く
硫黄性化合物を豊富に含んでいるにんにくにはセレン(セレニウム)が含まれています。セレンは1817年に発見された必須ミネラルです。多くの食品に含まれているため通常の食事で不足することはありませんが、毒性が強く必要量と中毒量の差が非常に小さいため、サプリメントなどによる摂取には注意が必要です。セレンが過剰な土壌で育った作物の過剰摂取は中毒症を引き起こすことが報告されています。にんにくは他の食品に比べてセレン含有が高く、水銀や鉛などの有害金属を体外に排出する作用や過酸化脂質の生成を防いで発がん抑制に働きます。

footer