header
しょうがとは

弥生時代以前に渡来していたしょうが
材料
しょうがはショウガ科の多年草で、原産は熱帯アジアです。地下茎は多肉で強い芳香と辛みを持ち、食用、薬用、香辛料として広く利用され、現在では世界中で栽培されている野菜です。暖かい地方のしょうがは開花しますが、日本で育つしょうがのほとんどは花が開きません。日本への渡来は、3世紀に中国で著された『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』に古代日本の産物として「薑(きょう)」との記載があることから、弥生時代以前と推測されています。

薑は辛いものの総称
「薑」は「はじかみ」とも呼び、「辛いもの」の総称として用いられていた古語です。はじかみは「端噛み」の意で、丸ごと噛んでしまうと辛さで口中がしびれてしまうため、「端からゆっくり噛む」という意味を持っています。その後、辛いもの一般を指す言葉となり、現在でも葉つきの若いしょうがを「はじかみ」と呼んでいます。

万病に効くことから、旅には必ず携帯された
中医学(中国伝統医学)ではしょうがは「中」の食べ物と位置付けられ、体を温めて炎症を抑える働きに優れ万病に効くことから、旅に出る時には塩と同時に必ず携帯したと伝えられています。また、平安時代に著された現存する日本最古の医学書である『医心方(いしんほう)』には、しょうがの効能について「本草が云うには、味は辛で性は微温。傷寒、頭痛、鼻閉、眩嗽(げんそう)、気の上衡の主治食で、吐き気をとめる。長く食べ続けると、体臭を除いて、精神を明らかにする」(参考文献:『日本古代食事典』)と記されています。

生薬として利用されてきた長い歴史を持つしょうが
中国ではしょうがの根茎は「生姜(しょうきょう)」と呼ばれ、紀元前500年頃から生薬として利用されてきた歴史を持ち、方剤の多くに利用されています。体を温める、胃腸の働きを高める、水分代謝をよくするなどの作用があることから、現代においても風邪・鼻づまり・咳・ぜんそく・冷え性などの改善に利用されています。日本薬局方(厚生労働大臣が定めた医薬品の規格基準書)では、皮をむいて蒸してから乾燥させたものは「乾姜(かんきょう)」、乾燥させたものは「生姜(しょうきょう)」と区別されています。
日本ではしょうがを漢字で「生姜」と書きますが、中医学や漢方では乾燥させたしょうがを「生姜」と書き、「しょうきょう」と呼びます。

品種は20種類余りあり、根茎が肥大したものが薬効に優れている
しょうがは塊の大きさにより、小しょうが、中しょうが、大しょうがに分けられ、栽培方法や収穫に応じ、芽しょうが、葉しょうが、根しょうが、新しょうが、ひねしょうが(土しょうが)などと呼ばれ、品種は20種類余りあるといわれています。香味野菜として使われるしょうがは、根茎が肥大したもので、薬効に優れています。

芽しょうが:光を遮り新芽を30cm程度に栽培したもの
葉しょうが:根茎の小さいものを葉つきのまま収穫したもの
根しょうが:葉しょうがの根が大きくなったもの
新しょうが:栽培した年に種しょうがから分かれて肥大したもの
ひねしょうが(土しょうが):元の種しょうがのこと

辛み成分と香気成分が様々な症状の改善に有効
しょうがの辛み成分はジンゲロンと油状のショウガオール、香気成分はモノテルペン類のゲラニオール、シネオール、ネラールなどで、強い殺菌力、発汗作用、健胃、解毒作用、消臭作用などの効能を持っています。さらに昨今の研究で、抗凝血作用のあることが解明され、血中コレステロール値や血圧を低下し、心臓病や高血圧などの予防に効果があると報告されています。

保存は紙に包んで常温で
熱帯アジアが原産のしょうがは高温多湿を好み、生育には18~20℃くらいが適しています。乾燥を嫌う野菜なので、保存する時に冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうと変質してしまうので注意しましょう。紙に包んで常温で保存し、鮮度が落ちても(水分が抜けて乾燥しても)薬効には変わりはありません。

footer