header
母子草(ははこぐさ)とは
材料
広範囲に生息する帰化植物
母子草はキク科ハハコグサ科の二年草で、古代に農耕とともに渡来した帰化植物と考えられています。東アジアに広く分布し、日本全国の水田のほとりや道端、空き地などの広い範囲に自生する越年草です。独特の芳香があり、全体に白い毛が密生しているため緑白色に見え、冬から早春に地面に張り付くように姿を現します。根元の方で分かれた数本の茎が伸び、草丈20~30cmほどに生長します。葉はやわらかい倒披針形で、葉質は厚みがあり、まっすぐ立った花茎の茎頂に黄色い頭花をつけます。頭状花は花弁がなく多くの筒状花からなり、春から初秋までの長い期間咲き続けます。

母子草の名の由来
母子草の名の由来には様々な諸説があります。①葉を利用することから「葉っこ草」と呼ばれ、それが転じた ②全体を覆う白い綿毛の状態を古語では「ほおける」といい、「ほおけ立つ」→「ほおうこぐさ」が転じた ③母と子の因縁話にまつわる草であるため ④おぎょう(御形=人形)には母と子の像が多いからなど、様ざまな由来が伝わっています。その他、「こうじばな」「ほうこうよもぎ」「ようじばな」など、地域によって様ざまな名で呼ばれています。

かつては草もちに利用されていた
春の七草は「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな すずしろ」の7種で、この「おぎょう」が母子草です。早春に出たばかりの若芽を、根元から刃物で切り取り料理に利用します。母子草は独特の風味に優れているため、七草粥の他に、和え物や浸し物などとして食されてきた歴史を持っています。また、草餅といえばよもぎで作られるのが一般的ですが、昔は、母子草の葉で作られていたことが『本草網目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう)』(江戸後期の本草学研究書。1803年刊)に記されています。そのため、母子草を「もちぐさ」「ねばりもち」「もちばな」「もちよもぎ」などと呼ぶ地域が多々存在しています。

生薬は、咳止めや去痰に働く
母子草を開花期に全草を採取して乾燥させたものを、生薬では「鼠麹草(そきくそう)」と呼び、咳止めや去痰に処方されています。「鼠麹草」の名は『大和本草(やまとほんぞう)』(江戸中期の本草書。1709年刊。貝原益軒編纂)に登場しており、『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』(江戸中期の図説百科事典。寺島良安編纂)に痰咳に用いる方法が記されており、当時から、咳や痰の症状緩和に母子草を用いた民間療法が伝承されていたことが伺えます。肺を温める薬草と言われ、寒い時に出る咳に有効。利尿やむくみの緩和、筋肉や骨の痛みを和らげる作用、はたけなどの皮膚病にも有効と言われています。

※「鼠麹草」の名の由来は、葉にやわらかい毛があり、形がネズミの耳に似ているからと言われています。

footer