header
はこべとは

山野に自生し、寒冷にも強い
材料
はこべはナデシコ科の2年草で、高い薬効を持つことから春の七草(せり、なずな、御形、はこべら、仏の座、すずな、すずしろ)のひとつに数えられている野草です。古くは「はこべら」の名で呼ばれていましたが、食用・薬用など使用が多岐に亘り、また小鳥が好んで食べることから、「はくべ・みどりはこべ・はっかそう・ときしらず・すずめぐさ・ひよこぐさ・あさしらべ」など各地それぞれの方言名を持っています。路傍や土手、野原や畑の片隅などいたる所に自生し、細い茎は直立せずに地面を這い、葉は卵円形。寒冷にも強く、雪を掘り起こすと、青々とした緑の姿を見せてくれます。
材料
古来より様々な健康維持に利用されてきた
山野に自生する生命力の強いはこべは、生薬名を「繫縷(はんろう)」といい、脾(ひ)(消化吸収の働きの総称をいう)や胃に作用するとされ、古来より健胃・歯槽膿漏(歯周病)・利尿・母乳不足・産後の肥立ち・心臓病などの症状緩和や治癒などに利用されてきました。消化性に優れていることから民間療法では盲腸への特効性が高いといわれ、はこべの搾り汁や煎じたものを飲むと、軽度の盲腸炎は治癒すると伝えられています。

歯磨き剤として利用されてきたはこべ
はこべは炎症を緩和する働きがあるとされ、古くから歯磨き剤として利用されてきた歴史を持っています。江戸時代に著された図入り百科事典『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』(寺島良安 著)には「はこべの青汁を塩とともにアワビの殻に入れて焼き、乾いたらまた青汁を入れて焼くという作業を7回繰り返す」と作り方が記載されています。また、はこべの粉末と塩を混ぜて作る方法も民間療法として伝わっており、はこべと塩を合わせて作ったはこべ塩を指先につけて歯を磨くと、化膿菌の繁殖が抑えられ、歯槽膿漏(歯周病)の予防に働くといわれています。また、歯痛には塩もみしたはこべを丸め、それを歯の間に挟んで噛むと痛みが治まると伝えられています。

はこべは「コンパニオンプランツ」
はこべはコンパニオンプランツとも呼ばれています。コンパニオンプランツとは「共栄作物」ともいわれ、主植物の傍に栽培することで主植物の生長にプラスに働く植物をいいます。はこべはにんじんと有効関係を持っているといわれ、にんじん畑にはこべが群生していると、にんじんの生長が健やかになるといわれています。また、はこべは大根とも相性が良いといわれており、雑草としてむやみやたらに引き抜かず、共栄させる栽培法が伝えられています。

戦時中には救荒作物として栽培されていたはこべ
寒さに強いはこべは、緑の少ない冬場の貴重な栄養源です。フラボノイドやビタミン、ミネラルなどを含み、生命力が強く薬効の高いことから、ドイツでは戦時中に救荒作物(きゅうこうさくもつ)(凶作時にも収量があり、主食の代用として飢餓をしのぐための作物)として栽培されていました。一方、日本ではその旺盛な繁殖力から雑草扱いされ、「春の七草」で食されるくらいですが、欧米ではコンパニオンプランツとして共生し、そのままサラダなどで食されています。小鳥が好む野草として世界中に知れわたり、英名では「チックウィード(chick‐weeds)=鳥のエサの意味」と呼ばれています。

footer