header
にら(花にら、葉にら)とは

山野に自生し、栽培は近年になってから
材料
にらはユリ科多年草で、原産は東アジア。山野に自生する野草で戦前は自家用の栽培が主でしたが、特有の臭気が受けいられるようになった昨今では、消費量が伸び全国的に栽培されています。にらは食用される部分や色によって「花にら」「葉にら」「黄にら」に分類されています。「花にら」は花茎が伸びて蕾をつけたもの、葉にらは葉の小さな「小葉」と葉の大きな「大葉」などのグループがあり、「黄にら」は萌芽する前に根株にワラやもみ殻を被せて軟化させたものです。通年市場に出回っている大半は葉にらの大葉種「グリーンベルト」と呼ばれるにらですが、旬は11~4月。夏場には暑さに強い小葉種、秋口には蕾と茎を食す花にらが市場に出回ります。

古名の「茎韮(くくみら)」は成熟したにらを指す
古来「茎韮(くくみら)」と呼ばれていたにらは、9世紀ごろに中国から日本に伝わったと推測されています。「くく」は茎、「みら」はにらの古名で、茎の生え立った韮の意で、成熟したにらを指しています。臭気の強いにら、にんにく、のびる、あさつき、ねぎなどは「蒜(ひる)」と総称され、語源は噛むと口をひりひりと刺激するからといわれています。また、「ひる」には悪霊を追い払う力があるとされ、平安時代の故実書(こじつしょ)に成年式などに「ひる」を噛み砕いて息を四方に吹きかけ悪霊を追い払うという儀式が記述されています。また、万葉集には「久々美良(くくみら)」の表記があり、このくくみらが「にら」と呼ばれるようになったとの説もあります。

別名「なまけ草」とも呼ばれるにら
江戸時代の農書『農業全書』(著:宮崎安貞 1697年刊)に「一度植えておけば、幾年も置き付けにして栄ゆる故、怠り無性なる者」と、にらについての記載があります。にらは刈り取った後の株から再び新芽が伸びるほどに生命力が強く、毎年自然に芽生えるほど手間がかからないことから、別名「なまけ草」とも呼ばれています。「二文字(ふたもじ)」との別名も持ち、初夏のころに中心から伸びた茎の先に、可憐な白い花を無数に咲かせます。俳句の世界ではにらは春の季語ですが、にらの花は夏の季語となっています。
材料

「花にら」はとう立ちしやすく、とうの数が多いにら
花にらはにらの中でとう立ちしやすく、とうの数が多い品種を利用したものです。旬は晩春と秋口で、5月から10月にかけて次々と茎を伸ばし、とうが伸び切り蕾が開かないうちに収穫し食します。蕾は甘みと香気を持ちシャリッとした歯ごたえがあり、日本でも最近積極的に栽培されるようになりましたが、栽培の中心は中国南部や台湾です。中国では「韮菜苔(ジュウツアイタイ)」と呼ばれ、肉類と一緒に炒め物に利用されることが多い野菜です。日本では「にら花」「テンダーボール」「グリーンボール」などの呼び名でも呼ばれています。

ほのかに甘く、上品な香りを持つ「黄にら」
黄にらは大葉種のにらと同じ品種を軟化栽培したにらです。日光が当たらないようにして育てた黄にらは、別名「にらもやし」とも呼ばれるようにやわらかく、ほのかに甘くて上品な香りを持っています。中国では「韮黄(ジュウホワン)」と呼ばれ、炒め物、スープ、おひたし等に利用されています。

種子を乾燥させた「韮子(きゅうし)」は頻尿や下痢に効く
にらは生薬名を「韮白(きゅうはく)」「韮子(きゅうし)」「起陽草」といい、「韮白(きゅうはく)」は葉を乾燥させたもので滋養強壮として、「韮子(きゅうし)」は種子を乾燥させたもので、頻尿・下半身の冷え・下痢などに用いられています。古来よりにらは吐き気・食欲不振、小児ぜんそく・腰痛・切り傷や擦り傷などに利用され、常食すると風邪を引きにくくなる、冷え性に効くと伝えられています。

※生薬:天然に存在する薬効を持つ産物から、有効成分を生成することなく体質改善を目的として利用する薬の総称。

水仙と間違えて誤食すると中毒症状が引き起こされる
近年、にらと水仙を間違えて食べたことによる食中毒が報告されています。水仙はヒガンバナ科の多年草で、一般にヒガンバナ科の植物には有毒成分であるヒガンバナアルカロイドが含まれています。アルカロイドは分子内に窒素を含むアルカリ性を示す有機物の総称で、ニコチン・カフェイン・ソラニン・モルヒネなどがあり、誤食すると短い潜伏期間の後、下痢や嘔吐、頭痛や昏睡などの中毒症状を引き起こします。にらと水仙の葉や鱗茎はよく似ていますが、にらには特有の臭気があるので、まずは臭いを目安にし、誤食しないように気をつけましょう。

footer