header
花にらに含まれる主な成分
材料
花にらや葉にらなどのにら類は代表的な緑黄色野菜です。体内でビタミンA効力に働くβ‐カロテン含有が高く、その他ビタミンCやE、カルシウムなどのミネラル類を含んでいます。にんにくの硫化アリル(アリシン)に似た成分を含み、辛みはカプサイシンの一種です。

皮膚や粘膜を強化し眼に栄養を与えるβ‐カロテン
β‐カロテンは体内で必要量のみビタミンA効力に働く成分です。ビタミンAは粘膜や皮膚の強化に働き、眼に栄養を与える成分です。不足すると粘膜が乾燥して固くなることから、消化吸収力や抵抗力が低下し、風邪が引きやすくなる、暗い所での視力の低下などを引き起こします。また、乾燥肌の原因にもなるため美肌作りには欠かせない栄養素であり、高い抗酸化力が老化防止や抗がん作用に働きます。にらの濃い色素に含まれるβ‐カロテンは吸収率が低いのですが、脂溶性のため油を使った料理法にすると吸収率が高まります。β‐カロテン含有量は青にら、花にら、黄にらの順になります。

新陳代謝を活性化するアリシン
硫化アリルはにらの他ににんにくやねぎ、たまねぎ、らっきょうなどに含まれる特有の刺激臭や辛みを持つ香気成分です。消化液の分泌をよくして食欲を増進させ、血液凝固を遅らせる働きがあるため血液をサラサラにして血液中の脂質の減少に働き、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの予防に有効です。また、殺菌力や肉や魚の生臭さを和らげる働きもあります。にらには硫化アリルの一種であるアリシンが含まれ、ビタミンB1の吸収率を高めます。アリシンとビタミンB1が豊富に含まれるにらは、ビタミンB1が体内に長く留まることから新陳代謝が活性化され疲労回復に高い効果を発揮します。アリシンは揮発性で水溶性のため、切ったり水にさらすなどの下ごしらえを手早くすると、栄養成分を無駄なく取り入れることができます。

高い抗酸化力を持つビタミンC
ビタミンCは毛細血管や歯や骨、軟骨や結合組織を丈夫にする働きを持っている水溶性のビタミンです。高い抗酸化力を持ち、抗がん作用・抗ウイルス作用・解毒作用など多岐に亘る生理作用を持ち、発がん性物質ニトロソアミンの生成抑制、コラーゲン生成、白血球の働き強化、インターフェロン生成促進などに働き、不足すると壊血病を引き起こしたり、歯や骨がもろくなったりします。発熱時や喫煙時には消耗が激しく、貧血の時にも鉄分と同時に赤血球の再生に働きます。水溶性で加熱に弱いため、火を通す場合は手早くすると損失を防ぐことができます。

脂肪燃焼や血行を良くするカプサイシン
カプサイシンは唐辛子の辛みの主成分です。カプサイシンは胃や小腸で吸収されると血液に乗って脳に運ばれ、副腎皮質ホルモン(アドレナリン)の分泌促進に働きます。アドレナリンが出ることでエネルギー代謝が高まり、脂肪燃焼や血行が良くなります。カプサイシンの脂肪燃焼効果は即効性があるため、運動と一緒に組み合わせるとダイエット効果が高まり、血行が良くなることで体が温まります。

光合成に欠かせないクロロフィル(葉緑素)が健康維持に働く
クロロフィルは葉緑素とも呼ばれる緑色をした色素で、植物の葉が緑色なのはクロロフィルを含有しているからです。クロロフィルの分子構造は血液に類似しているため「植物の血液」とも呼ばれています。「増血や血液をキレイにする」「肝臓の強化」「損傷を受けた組織の修復」などの働きを持ち、私たちの健康維持に働き、光合成に欠かせない成分です。

※光合成:動けない植物が必要な栄養分(炭水化物)を自分の体の中で作る仕組み。太陽光・空気中の二酸化炭素・根から吸い上げた水を使って、葉緑体の中で栄養成分を作り出し、水を分解する過程でできる酸素は外に排出する。

footer