header
はるじおん(春紫苑)とは

観賞用として渡来した帰化植物
はるじおんはキク科ムカシヨモギ属の多年草で、学名はErigeron philadelphicus。北アメリカ原産の帰化植物で、大正時代に観賞用として渡来したものが野生化し、日本各地の牧草地や畑地、道端などに広がったと考えられています。草丈30~60cmほどになり、茎は中空(真ん中に穴が開いている)で、茎葉に柄はなく、根生葉は長い楕円形あるいはへら形の葉が放射状に何枚かつき、基部は茎を抱くようにつきます。4~7月頃に白色から淡紅色の舌状花を咲かせ、蕾がうな垂れる特徴があります。温帯から熱帯の気候を好み、秋に芽生えて、ロゼット葉(放射状に地際に伸ばした葉)で冬を越します。

「貧乏草」とも呼ばれるはるじおん
はるじおんは花が夏の終わりから秋に咲く野菊の仲間であるしおん(紫苑)に似ていることと、春に咲くことから「はるじおん(春紫苑)」と命名されたと伝えられています。花言葉は「追想の愛」ですが、 手を加えない庭にも簡単に育つことから、別名「貧乏草(びんぼうぐさ)」、また、鉄道沿線に沿って繁殖するため「鉄道草(てつどうぐさ)」、花の形から「ごいしぐさ」などの名称でも呼ばれています。

ともに帰化植物でよく似た花が咲く
はるじおんとひめじょおん(姫女苑)は同属で、ともに北アメリカからの帰化植物で、よく似た花を咲かせます。そのため、はるじおんを「はるじょおん」と呼ぶこともありますが、正しくは「はるじおん」です。

はるじおんとひめじょおんの違い
双方の違いは、はるじおんが早春から花をつけるのに対して、ひめじょおんは春の終わりごろから咲き始め秋口まで花を咲かせます。また、①はるじおんの茎は中空であるのに対して、ひめじょおんの茎は中実(スポンジ状の髄が詰まっている) ②はるじおんの蕾はうつむき加減に対して、ひめじょおんは上向きにつく ③はるじおんの花茎はあまり枝分かれしないが、ひめじょおんの花茎は丈夫で大きく枝分かれする、などの相違点があり、区別は容易につきます。

要注意外来生物
はるじおんとひめじょおんはともに観賞用として渡来した植物です。窒素分の多い土壌を好んで旺盛な繁殖力で生育したため、現在では農作物や牧草の生育を妨害する厄介な雑草とされています。要注意外来生物に指定され、日本生態学会の「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されています。園芸種としてもてはやされ、希少価値がなくなると捨てられ野生化した帰化植物は多く、それらは「園芸逸出」と呼ばれています。

footer