header
ひるがお(昼顔)とは
材料
夏の風物詩
ひるがおはヒルガオ科ヒルガオ属・つる性の多年草で、アジアの東部や南部の温帯地方に広く分布し、日本では本州から四国・九州までの日当たりのよい野原や道端に自生しています。あさがおのような派手さはありませんが、夏の終わりまで薄いピンク色の如雨露型の花を次々と咲かせる夏の風物詩ともいえる野草です。地中の白い根茎から長いつるを出して周りのものにからみつきながら、辺り一面に増えていきます。葉は変異も多いのですが互生し、長い柄があり、ほこ形で基部は耳形となり左右に張り出しています。夏の日中、葉腋に花柄を出し、頂に紅色を帯びた花を咲かせます。

「ひるがお」と「こひるがお」
植物学上、ひるがおは「ひるがお」と「こひるがお」に分類されています。「ひるがお」は葉が長楕円状皮針形で大きいものは長さ10cmもあり、頂に1個の大きい淡紅色の花を咲かせます。一方、「こひるがお」は葉がほこ形で基部は耳形で左右に張り出し、頂に紅色を帯びた小さな花(ひるがおに比べて)を咲かせます。大きい花を咲かせる「ひるがお」は「大ひるがお」と呼ばれることが多く、通常、ひるがおと言うと「こひるがお」を指すことが一般的です。

ひるがおと朝顔の違い
朝顔はひるがお同様、ヒルガオ科のアジア原産つる性の植物です。ひるがおが地下茎で増える多年草であるのに対して、朝顔は種で増える一年草です。花や葉の形態は非常によく似ていますが、開花の時間帯がひるがおが日中に開花するのに対して、朝顔は早朝開花と異なっています。

「かほ」は美人顔が由来の言葉
ひるがおや朝顔などの漏斗型の花は、万葉集では「容花(かほばな)」「貌花(かほばな)」「可保波奈(かほばな)」などの名称で詠われています。漏斗型の花の形は美人の顔に例えられ、この「かほ」がひるがおやあさがおの名の由来と推測されています。同じ「かほ」であったひるがおとあさがおは、開花する時間帯が日中と朝との違いから、それぞれの名前が付けられたと伝えられています。

秋の七草の「朝貌(あさがお)」は「桔梗」が定説
「秋の野に 咲きたる花を
指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」
これは、万葉集で謳われている山上憶良が選定した「秋の七草」です。 この七草の最後の「朝貌(あさがお)」は、同じ漏斗型の花の「桔梗」であるというのが今や定説となっています。※尾花はススキです。

古来より親しまれ、多くの別名を持つ
ひるがおは古来より謳われ親しまれてきた野草です。万葉集では「かほばな」と詠まれ、平安時代の『本草和名(ほんそうわみょう)』や『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』に登場する「波夜比止久佐(はやひとぐさ)」は、ひるがおであるといわれています。また、江戸時代の『本草綱目啓蒙』では「ハヤヒトグサ ヒルガホ など」としてその名が登場しています。また、「あめふりばな」「あめふりあさがお」「はたけあさがお」「ひるあさがお」など、地域によって様ざまな名で呼ばれています。

生薬名は「旋花(せんか)」
夏に採取した全草を乾燥させたものは生薬名を「旋花(せんか)」と言い、利尿、強壮、疲労回復、糖尿病に効能があるとされています。民間療法では、生葉の汁は虫刺されや切り傷によいと伝えられ、利用されています。

葉・茎・花を食用する
ひるがおは花・葉・茎・地下茎と全部を食すことのできる野草です。茎や葉は先の方を10cmほど摘んだもの、花はつぼみと開花したもの双方を食用として利用します。葉や若い茎は茹でて水にさらしてからお浸し・和え物・汁の実・油炒めなどに、花や地下茎は天ぷらなどとして食用。ベトナムではヒルガオ科のさつまいもの葉は栄養価の高い食品として、食用してきた歴史を持っています。一方、一年草の朝顔は、食べると腹痛を起こすとも言われているので気をつけましょう。
材料
footer