万葉ハーブ

はこべ

 
山野に自生し、寒さに強いはこべは雪の下でも次々と芽を出す生命力に溢れた野草です。ビタミンやミネラル、抗酸化力の高いフラボノイドやカロテンなどを含み、体の生理機能を整えて健康維持に働きます。良質なたんぱく質や脂質などと一緒に食べ合わせると、抗酸化力の高いバランス健康食になります。戦時中のドイツで救荒作物として栽培されていた歴史からも分かるように、繁殖力に優れているはこべは非常時の身近な栄養源として、また青味野菜の少なくなる冬場の貴重な栄養源として利用され食されてきました。一年中利用できる身近な野草として、はこべを日常的に利用することで、自然の持つ薬効を体に取り入れましょう。 ※はこべ特有の青臭さが苦手な場合は、水にさらす時間をたっぷり取ってください。


はこべと鶏ひき肉のトーストサンド
栄養バランスに優れ、免疫力が強化される
はこべと鶏ひき肉のトーストサンドの画像
  • 20分
  • 鶏肉は消化に優れ、良質なたんぱく質と脂質を含んでいることから滋養食として最適な肉です。ビタミンAも豊富に含み、はこべのカロテンと一緒に粘膜を丈夫にして肌荒れや夜盲症予防に働きます。はこべと鶏肉を酵素が豊富な塩麹と一緒に取ると、取り入れられた栄養素が体中に行きわたり、はこべのフラボノイドの効能が免疫力を高め、自然治癒力アップに働く食べ合わせになります。食パンで糖質を、野菜でビタミンCが取れる栄養バランスに優れたメニューです。
    レシピ参照
 
はこべと雑穀米のくるみ味噌おにぎりの画像
  • 20分
  • はこべと雑穀米を一緒に取ると、豊富に含まれるビタミンB群やミネラル、食物繊維の働きにより、疲労回復や便秘予防、血中コレステロール低下などが期待できる食べ合わせになります。くるみのたんぱく質は良質で吸収率が高く、脂質は血管壁にこびりついた悪玉コレステロールを取り除いて動脈硬化などの予防に働き、豊富に含まれるビタミンEが体や脳の老化防止に効果を発揮します。味噌が抗酸化力を高めて細胞の酸化予防効果をさらに高めます。炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素が取れるエネルギーに溢れた一品です。
    レシピ参照
 
はこべのカッテージチーズ和え
美肌を作るヘルシーメニュー
はこべのカッテージチーズ和えの画像
  • 10分
  • カッテージチーズは脱脂乳などから作られる非熟成のチーズです。プロセスチーズなどと比較すると塩分・脂肪分が少ない低カロリー食品で、さわやかな酸味を持っています。市販のものは割高なので、ここでは牛乳と酢で手作りしましょう。はこべをカッテージチーズや干し柿と一緒に取ると、良質なたんぱく質、ビタミンA、食物繊維などが豊富に取れるため、皮膚や粘膜を健康にして美肌作りに有効な食べ合わせになります。抗酸化力も高く、脂質異常や動脈硬化予防にも有効で、ヘルシーメニューとしてもおススメです。
    レシピ参照
 
はこべとやまいものだんご汁の画像
  • 20分
  • やまのいもは別名「山ウナギ」とも呼ばれる滋養強壮に働く食べ物です。はこべと一緒に取ると、ともに含まれる抗酸化作用を持つサポニンや酵素の働きにより、細胞の酸化が予防され新陳代謝が高まる食べ合わせになります。干ししいたけの抗ウイルス・抗がん作用と牛乳と味噌の良質なたんぱく質が、免疫力をさらに高めます。
    レシピ参照
 
はこべと牛肉のすき焼き風
貧血や冷え性を予防し、むくみ予防にも働く
はこべと牛肉のすき焼き風の画像
  • 20分
  • 牛肉はたんぱく質や脂質を豊富に含む栄養価の高い肉です。鉄分を多く含んでいるため、はこべと一緒に取ると、貧血や冷え性予防に有効な食べ合わせになり、水分代謝を調整して、利尿やむくみ予防にも働きます。卵黄は脳や神経が最も必要とするレシチンを豊富に含み、記憶力や知能向上に働きます。はこべのフラボノイドが体の生理機能を整える栄養価に富んだ一品です。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ