万葉ハーブ

わさび

 
わさびはツーンとくる特有の香りと辛みに優れた薬効を含んでいます。特に根茎には強い辛みがあり、すりおろして使うのはこの根茎部分ですが、葉・茎・花の部分も丸ごと食べることができます。わさびは和食に欠かせない香辛料のひとつですが、昨今の研究で健康維持や増進に有効な食品として位置付けられています。機能性が高く、たんぱく質・糖質・脂質などと食べ合わせると、体の生理機能が整えられて免疫力が強化し、生活習慣病予防に有効な食品になります。根茎部分が残った時は、水気を拭き取りラップできちっと包み冷蔵庫で保存してください。保存している間に多少黒ずんできますが、味には影響がありませんので、その部分を取り除いて使用しましょう。葉・茎・花はしょうゆ漬けやわさび漬けなどにすると長期保存をすることができ、さまざまな料理の食材として利用することができます。


わさびクリームのカナッペ
高い抗酸化力、体力や免疫力が強化され健脳効果も期待できる
わさびクリームのカナッペの画像
  • 20分
  • クリームチーズは生クリームあるいはクリームと牛乳の混合物から作られた非熟成の軟質チーズです。アミノ酸組成に優れた良質なたんぱく質、ビタミンAやB群、カルシウムなどを豊富に含み、消化吸収に優れています。わさびのしょう油漬けと一緒に取ると、抗酸化力が高まる食べ合わせになります。特有の香りと辛み成分が消化を促進し、体力が強化されて免疫力が高まり、健脳効果も期待できます。カナッペは薄く切ったフランスパンや食パンにいろいろな具材をのせた料理で、オードブルや酒の肴に用いられます。ベーコンやゆで卵でたんぱく質を、野菜でビタミンCを補い、栄養バランスを高めます。
    レシピ参照
 
鶏ササミ肉とブロッコリーのわさび酢和え
抗がんや老化防止に優れている
鶏ササミ肉とブロッコリーのわさび酢和えの画像
  • 20分
  • 鶏ササミ肉は脂肪をほとんど含まない、高たんぱくで低脂肪の食品です。たんぱく質は淡泊でやわらかく、消化のよいのが特徴です。たんぱく質にはメチオニンが多く含まれ、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝の予防に有効に働き、ビタミンAが粘膜強化に働きます。わさびとブロッコリーを一緒に取ると、高い抗酸化力が細胞の酸化を予防し、抗がんや老化防止に優れた食べ合わせになります。酢の有機酸が体の代謝機能を高めて脂肪分解に働くため、ダイエットにも有効な一品です。
    レシピ参照
 
わさび醤油漬けとくるみのいなり寿司
免疫力や健脳作用が高まる
わさび醤油漬けとくるみのいなり寿司の画像
  • 60分
  • 油揚げは薄く切った豆腐を油で揚げた食品で、豆腐に比べてたんぱく質や、揚げ油の植物油に含まれるビタミンEを多く含んでいます。くるみは良質な脂質やたんぱく質、ビタミンEを豊富に含んでいる種実です。わさびと一緒に取ると、辛み成分が持つ抗酸化力や脳細胞の活性化、香り成分の持つ血液サラサラ作用などにより、免疫力や健脳作用が高まり、動脈硬化予防に優れた食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
すりおろしわさびの牛肉巻きおにぎり
血栓予防に働き、脳活性も期待できる
すりおろしわさびの牛肉巻きおにぎりの画像
  • 30分
  • 牛肉はたんぱく質や脂質、鉄分などを多く含む栄養価の高い肉です。豊富な鉄分が貧血や冷え性予防に働き、米と一緒に取ると気力が増して体力が強化されます。わさびの根茎に多く含まれる辛みや香り成分のアリルイソチオシアネートには抗酸化力や食欲増進、血液サラサラ作用などがあるため、牛肉と一緒に取ると血栓予防や胃腸強化が期待できる食べ合わせになります。カツオ節を加えることで、カツオ節のグルタミン酸とわさびの辛み成分が脳活性に働きます。
    レシピ参照
 
わさびと豚ひき肉のチャーハン
疲労回復力が高まり、冷え性や肩こり予防に働く
わさびと豚ひき肉のチャーハンの画像
  • 20分
  • わさびは特有の辛みと香りにさまざまな薬効を含んでいます。香りや辛み成分には抗菌・抗酸化・抗がん・食欲増進・血栓予防などの働きがあり、葉や茎で作る醤油漬けにはミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。わさびの持つビタミンB1合成促進作用は、ビタミンB1含有の高い豚肉と一緒に取ると疲労回復力が高まり、冷え性や肩こり予防に優れた食べ合わせになります。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ