万葉ハーブ

はるじおん

 
帰化植物としてまだまだ日の浅いはるじおんですが、やわらかい若芽は食用として好まれています。適時に採取したはるじおんは、天ぷらならそのまま、おひたしや佃煮などに利用する場合は、塩少々を入れた熱湯でさっとゆでてから水にさらします。ファイトケミカルに溢れたはるじおんは、良質なたんぱく質や脂質、炭水化物などと一緒に食べ合わせると、免疫力を高めて健康維持に働く健康食となります。


はるじおんのじゃがいも団子
むくみを予防し、抗ウイルス作用が期待できる
はるじおんのじゃがいも団子の画像
  • 30分
  • じゃがいもはビタミンCやカリウムを豊富に含む根菜です。主成分は炭水化物ですが、他の穀類や芋類に比べてカロリーが低く、少量でも満腹感があるためダイエット食としても利用される食材です。はるじおんとじゃがいもを一緒に取ると、むくみ予防や強力な抗ウイルス作用が期待できる食べ合わせになり、その効能は、にんじんのカロテンやカリウムが加わることでさらに高まります。
    レシピ参照
 
はるじおんとベーコンの佃煮
余分なコレステロール吸収を抑える
はるじおんとベーコンの佃煮の画像
  • 30分
  • はるじおんはクロロフィルや植物性ステロールを含み、コレステロール値低下や細胞の酸化を防ぐ働きに優れた野草です。たんぱく質、脂質、ビタミン類を含むベーコンと一緒に取ると、栄養バランスに優れ、なおかつ余分なコレステロール吸収抑制に有効な食べ合わせになります。しょうが特有の辛み成分ジングロンやショウガオールには高い殺菌効果があり、血液の循環をよくして胃腸の働きを高め、食欲増進に働きます。
    レシピ参照
 
はるじおんと白菜のサラダ
高い利尿作用と抗酸化作用に優れる
はるじおんと白菜のサラダの画像
  • 20分
  • 白菜はビタミンC、カルシウムやカリウムなどのミネラル類、食物繊維などを豊富に含む野菜です。特にビタミンC含有が高く、体内の余分な熱を取り去る作用と体内にたまった水分を追い出す作用に優れています。そのため、はるじおんと一緒に取ると、高い利尿作用と抗酸化作用に優れた食べ合わせになります。紅鮭のアスタキサンチンが抗酸化力をさらに高め、食物繊維も豊富に取れるため便秘予防にも有効。ダイエット食としてもおススメの一品です。
    レシピ参照
 
はるじおんの豚肉巻き
免疫力が高まる
はるじおんの豚肉巻きの画像
  • 20分
  • 豚肉は牛肉よりも脂肪分が少なく、アミノ酸バランスに優れ、ビタミンB1を豊富に含む肉です。ビタミンB1は別名「疲労回復のビタミン」と呼ばれ、体や脳の働きをスムーズにするため、米を主食とする日本人には欠かせないビタミンです。はるじおん、豚肉、海苔を一緒に取ると、葉緑素やビタミンCが補われ、免疫力が高まる食べ合わせになります。レモンでビタミンCを補うと、疲労回復力がさらに高まります。
    レシピ参照
 
はるじおんとサンマの蒸し餃子
動脈硬化予防や若さ維持に働く
はるじおんとサンマの蒸し餃子の画像
  • 40分
  • サンマは良質なたんぱく質や脂質を含んだ栄養価の高い青魚です。脂質は血栓予防に働くEPA(イコサペンタエン酸)や脳の働きを高めるDHA(ドコサヘキサエン酸)で、高い抗酸化力を持っています。植物性ステロールを含むはるじおんと一緒に取ると、コレステロール値が下がり動脈硬化の予防に有効な食べ合わせになり、高い抗酸化力が細胞の酸化を防いで若さ維持に有効。サンマとしょうがは冷え性改善の食べ合わせです。餃子を蒸す時に下に敷いた野菜は一緒に召し上がってください。ビタミンやミネラルを取り入れることができます。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ