header
じしばり(地縛り)とは
材料
土が少ない環境でも繁殖を広げる
じしばりはキク科ニガナ属の耐寒性多年草で、中国や朝鮮半島、日本などに分布しています。土が少ない環境でも繁殖を広げる生命力の強い野草で、日本全国の日当たりのよい場所なら田舎から都会までの広い範囲にその姿を見ることができます。細長い枝を出して地上にはい茂り、草丈は10cm前後で、やわらかい葉は根生して長い葉柄がつき、葉の形は卵形。花期は4~7月で、花径20mmほどの淡黄色の頭状花の花をつけ、花弁の舌状花の数は少なめです。太陽の光を受けると一斉に開花し、陽が陰るとしぼみ、白い冠毛を持っています。

同属のおおじしばりは葉も頭花も大きい
じしばりより葉が大形で、頭花も大きいおおじしばりは、じしばり同様、日本全国に分布する多年草です。茎は横に走って地を這い、葉の形はへら形あるいは倒皮針形で、下の方が羽状に切れ込んでいることもあります。春から夏にかけて高さ18cm位の花茎を出し、2~3回分枝し、枝の先に3cmくらいの黄色の頭状花の花を咲かせます。冠毛は白く、風によって飛び散ります。じしばりよりも葉が大きい、立つ傾向が強い、頭花が大きいなどで区別することができます。

名の由来
可憐な花を咲かせるじしばりの名の由来は、地面を這う細い茎から葉を広げる様子が、地面を覆い隠し、まるで地面を縛るように見えることから、この名で呼ばれるようになったといわれています。別名「いわにがな(岩苦菜)」と呼ばれる由来は、土が少ない岩場にも生えることと、茎の切り口から出る白い汁が苦味を持っていることからといわれています(おおじしばりは別名「つるにがな」と呼ばれています)。本来、「にがな」とは苦味を持った草のことをいいますが、これがひとつの草の名となっています。白い汁が出ることから「乳草」と呼ばれることもあります。

民間療法では胃腸薬として利用される
じしばり(特におおじしばり)の全草を採取して乾燥させたものは、胃腸薬や鼻詰まりなどの民間療法として利用されています。中医学ではじしばりの性味は「苦味」「寒気」で、肝臓の炎症解消・肝機能強化・解熱や解毒・ストレス解消・腫物や喉の渇きに効能があるとされています。

footer