header
みょうがとは

渡来は古く、野菜としての栽培は日本だけ
材料
みょうがは熱帯アジア原産で、ショウガ科の多年草です。3世紀に著された中国の史書『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』に「薑(ショウガ)、橘(タチバナ)、椒(サンショウ)、襄荷(ミョウガ)あるも似て滋味となすを知らず」(ショウガ、タチバナ、サンショウ、ミョウガはあっても(古代日本人は)滋味とすることを知らない)との記載があることから、3世紀にはすでに大陸より渡来していたと推測されています。ただし、この記載内容は中国史官の誤認と考えられています。古代日本人はこれら植物の高い利用価値を知っているゆえ、これらの作物を家の周りで栽培していたと解釈されています。
みょうがは北海道から沖縄にわたる広い地域の山野に自生し、栽培も行われていますが、野菜として栽培しているのは日本だけで、食用しているのは日本と韓国・台湾一部だけと言われています。

みょうがの名の由来
3世紀にはすでに大陸から渡来していたと推測されるみょうがですが、一緒にしょうがも持ち込まれたと言われています。みょうがとしょうがは、ともに独特の香りを持つ香味野菜ですが、しょうがの方が香りの強いことから、しょうがを「兄香(せのか)」、香りの弱いみょうがを「妹香(めのか)」と呼んでいたと文献に残っています。時を経て、「めのか」と呼ばれたこの呼び名が「みょうが」に転じていったと伝えられています。

「夏みょうが」と「秋みょうが」
みょうがは夏に根茎から卵形の短い花穂(花蕾)が出ます。この花穂が「花みょうが」「みょうがの子」と呼ばれ食用されます。花穂が発生する時期によって、「夏みょうが」「秋みょうが」と分類され、夏みょうがは6~7月、秋みょうがは8~10月に多く出回ります。ともに実が丸みをおび、身が締まって色つやのよいものが良品で、秋みょうがの方が形がふっくらしています。蕾があったり花が咲いていると、中がブカブカとなり味が落ちていきます。

「みょうがたけ」
光を遮って軟化栽培した若芽の茎は「みょうがたけ」と呼ばれ、花みょうが同様に食用されています。形がたけのこに似ていることからこの名が付けられ、花みょうがができない冬から春にかけて多く出回ります。収穫前に光を当てて紅つけをし、酢漬けや浸し物などに利用されています。

footer