header
おおばこ(大葉子)とは

糊のような粘液で種子が運ばれる
材料
おおばこはオオバコ科オオバコ属の多年草で、アジア全域に分布し、山野の道端や空き地、畑など日本各地にみられる代表的な野草です。オオバコ科の植物は世界中で200種ほどあり、現在日本で生息するオオバコ類は18種といわれています。高さ10~15cmほどに生長し、葉は卵形あるいは楕円形。5~10月の長期にわたり花を咲かせ、果実は紡錘形で種子は2mmほどの扁平倒卵形で、1つの果実に4~6個の種子が入っています。丈夫な維管束(いかんそく)を持ち、水を吸収すると種子は糊のような粘着力を持ちます。この粘液が人の靴・車のタイヤ・動物の足などを介して種子を運び、人の多く歩く場所に広がり繁殖していきます。

おおばこの名の由来
「おおばこ=大葉子」の名は葉が広く大きいことに由来し、別名「かえるっぱ」「かえるば」の由来は、その高い繁殖力や生命力から死んだカエルの上におおばこを被せる(あるいは葉で包む)と生き返るとの言い伝えからきています(おおばこの葉を火で炙ると膨らみ、その姿がカエルのお腹に似ているという説もあります)。また、花の茎をからませて引っ張り合う子どもの遊び道具だったことから「すもとりばな=相撲取り花」、その他「おんばこ」「うさぎっぱ」「みちぼうき」など様々な名で呼ばれています。学名のplantago asiaticaは、ラテン語の「足の裏(planta)」、「運ぶ(ago)」、「アジア(asiatica)」が組み合わさった言葉で、おおばこの種子が人の靴裏(あるいは車の車輪)にくっついて繁殖していく様から生まれた造語です。

生薬名は全草が「車前草」、葉が「車前葉」、種が「車前子」
おおばこは薬草として有名です。中医学では「勁草(けいそう)=強い草という意味」と呼び、繁殖力の強い貴重な薬草とされ、漢の時代にすでにその名が登場しています。乾燥させた全草の生薬名は「車前草(しゃぜんそう)」、葉だけを乾燥させたものは「車前葉(しゃぜんよう)」、種を乾燥させたものは「車前子(しゃぜんし)」と呼ばれ、「車前」は車の轍の前に育つという意味です。おおばこは丈夫な維管束が発達しているため踏みつけに強く、車が通るような路傍にもしっかり根をはって増えることからこのように呼ばれています。「車前草」「車前葉」「車前種」はともに日本薬局方に収録されている生薬で、民間薬として健胃、胃腸病、心臓病、腎臓病、婦人病、頭痛、ストレス、ぜんそく、利尿などに利用されてきた長い歴史を持っています。

※生薬:天然に存在する薬効を持つ産物から、有効成分を生成することなく体質改善を目的として利用する薬の総称。
※日本薬局方:薬事法第41条により、日本国内の医療に供する医薬品の性状及び品質を定めた基準。厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める。

煮含めのできる数少ない野草
おおばこは数多くある野草の中で、煮含めのできる数少ない野草です。暖かい地域ならば一年中新しい葉を摘み取ることができ、日常の料理食材として活躍してくれます。新芽や葉茎の生長期は3~8月で、生長したものは芯に近い葉を摘むようにします。俳句では「車前草の花」は夏の季語となっています。

ダイエット食品としても利用されている
おおばこに含まれる水溶性の食物繊維は水に溶けるとドロドロのゼリー状になり、約30~50倍に膨れ上がるといわれています。満腹感が得られることから「サイリウム」という名のダイエット食品として市場に出回っています。水溶性の食物繊維は糖質の吸収を緩やかにし、脂質の吸収を予防する働きがあるため、血糖値の急上昇やコレステロール低下、整腸作用などが期待できます。

footer