header
すべりひゆとは
材料
乾燥に強く、旺盛な繁殖力を持つ
すべりひゆはスベリヒユ科スベリヒユ属の一年草で、熱帯から温帯の広い範囲に分布し、日本では日当たりのよい畑・道端・空き地などに自生している野草です。乾燥耐性(乾燥に強い)があり、その旺盛な繁殖力から畑作の害草として嫌われている一方、栄養価のある野草として栽培したり食用したりする地域もあります。葉・茎は多肉質で、葉は長円形ですべすべしていてつやがあり、茎は紅色を帯び、地を這って枝を出します。7~9月の夏から秋にかけて枝先に黄色の花を咲かせますが、早朝に花開き、午前中にしぼんでしまうため、花を見ることはあまりありません。

名の由来
茹でるとヌメリが出るその様から、すべりひゆと呼ばれるようになったと言われています。また、「根=白、茎=赤、葉=緑、花=黄、種子=黒」の様子から「五色草」、中国では「長命菜」「長寿菜」などとも呼ばれています。地域によって「アカジャ」「トンボグサ」「ヌメリグサ」「ネガタ」「タコクサ=タコ足のように生える」「ヒョウ=ひょっとしていいことがあることを願う」などの別名でも呼ばれています。また山形県ではすべりひゆを「すべらんそう」とも呼び、受験時のゲン担ぎに食べると言われています。

鑑賞用松葉牡丹と同種同属
すべりひゆは松葉牡丹の仲間の野草です。姿形も非常によく似ており、観賞用に「花すべりひゆ」という品種が栽培されています。花すべりひゆは松葉牡丹に似た大き目の美しい花を咲かせます。

美味な健康草として世界で食されている
旺盛な繁殖力から畑の雑草として嫌われているすべりひゆですが、一方、美味な健康草として日本各地で食用もされています。ヨーロッパでは高温に強く耐乾性のあるすべりひゆは「プルピエ」と呼ばれる人気野菜で、特にギリシャや中近東で好まれ、クレタ島ではサラダと一緒に食べられています。日本では山形県で「ひょう」と呼ばれ、山菜の一種として食され、全草を干したものは保存食として利用されています。沖縄県では「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれ、古くから食され、葉物野菜の不足する夏季に重宝される野菜となっています。一般に若葉は生食され、生長した葉は香味野菜として利用されています。
材料
すべりひゆの天日干し
クレソンに似た辛みを持つプレピエ
ヨーロッパで人気のあるプルピエはスベリヒユ科スベリヒユ属の一年草で、園芸植物の花すべりひゆの仲間です。原産地は北アメリカで、今ではフランス・ドイツなどのヨーロッパ各国で栽培されています。日本には明治初期に導入されたと伝えられていますが、現在国内で出回っているプルピエはヨーロッパ野菜として輸入されているものです。食用植物の中でオメガ3脂肪酸を最も多く含む健康野菜として市場での人気も高く、クレソンに似た辛みとかすかな酸味を持っています。プルピエはフランス語で、英語では「パースレーン」と呼ばれています。

生薬として利用
全草を乾燥させたものは、生薬名「馬菌莧(ばしけん)」と呼ばれ、利尿、解毒、血便・血尿、盲腸炎、できものなどに効能があるとされています。民間療法として生葉の汁を虫刺されやかゆみ止めに利用、全草を煎じて利尿、あせもや子どもの湿疹の湯浴などに効果があると伝承されています。

footer