header
すぎな(杉菜)とは

日本各地のいたる所に自生する野草
材料
すぎなはトクサ科トクサ属の落葉性多年草で、北海道から九州までの日本各地いたる所(田の畔、山野、道端など)に自生する野草です。春の風物詩とも呼称されるつくしと同じ根茎から誕生し、つくしが終わった後に青々とした姿を現します。すぎなとつくしの先祖は水辺に生えていた「蘆木(ろぼく)」という古生代の大型本木樹木だったといわれ、環境の変化に適応しながら現在のような姿に変わったと考えられています。すぎなという呼称は姿が杉の樹に似ていることがその名の由来といわれ、英名のhorsetail(ホーステール)は「馬の尻尾」の意です。

古来より効能が高い薬草として利用
すぎなの分布はユーラシアや北米大陸です。日本では中国伝来の植物が民間療法で多く利用されていますが、すぎなはポルトガルとの交易が盛んだった江戸時代にその効能が伝えられたといわれています。ヨーロッパでは効能の高い薬草として研究が進み、近世後期の薬物学者宇田川榛斎(うだがわしんさい)著『和蘭薬鏡(おらんだやっきょう)』(オランダの薬学書の翻訳本)では「内外諸部の潰瘍や糖尿病に用いる」と著されています。一方、中医学(中国伝統医学)では、成長期に刈り取ったすぎなの全草を乾燥させたものを「問荊(もんけい)」といい、服用することで利尿作用が高まり、腎炎や膀胱炎などの泌尿器系の改善に有効とされています。

セバスチャン・クナイプ神父
ドイツのセバスチャン・クナイプ神父(1821~1897年 自然療法医)は、自身と多くの患者の実体験から、すぎなには膀胱炎・腎臓・結石・カリエス・がん性肉腫・リウマチなどに効能があると発表しています。1891年に植物成分の実を用いた製薬会社「クナイプ・ベルケ社」、翌年には国際クナイプ医師連盟が設立され、クナイプ神父の提唱した自然療法は、最も有効な「体の根本治療」として継承されています。

様ざまな民間療法が報告、発表されている
すぎなの効能については、ヨーロッパを中心に様ざまな報告が発表されています。スイスのキコンツレ神父は老年期に達したすべての人に毎日すぎな茶を1杯飲むことを推奨し、「毎日1杯のすぎな茶を飲むことでリウマチ・関節炎・神経痛を予防する」ことができると報告しています。また、オーストラリアのリヒァルト・ヴルフォート(生物学者)は、スギナ茶の長期飲用でがんの成長をくいとめ、ついにそれをくずすと報告。日本の東条百合子さんは煎じたすぎなは、がん・糖尿病・腎臓炎・結石・肝臓病・慢性気管支炎などに有効と発表しています。

2008年、日本珪素医科学学会が創設される
1878年、ルイ・パスツール(フランスの生化学者・細菌学者)はシリカが多くの病気の重要な治療物質であることを発見し、健康に重要な役割を果たすようになると予測しています。このようにヨーロッパでは早い時期から研究が進み認知されています。一方、日本では2008年、日本珪素医科学学会が創設され、「珪素は活性酸素を除去し、細胞を活性化させ、いつまでも若々しさを保つ鍵を握る」と発表しています。

footer