header
たんぽぽ(蒲公英)とは
材料
広範囲に生息する帰化植物
たんぽぽはキク科タンポポ属の多年草で、3~5月に黄色い花(白い花もある)を咲かせる春を代表する野草です。学名は「Taraxacum hondoense」。日本全国の野山や空き地、道端などに自生し、日本たんぽぽ(日本在来種)と西洋たんぽぽ(西洋種)がありますが、現在では西洋たんぽぽの方が圧倒的に多くなっています。たんぽぽは小さな花が100~200本集まって1つの頭花を作り、その頭状花序(とうじょうかじょ)の外側には緑色の総苞片(そうほうへん)が並んでいます。葉はロゼット状(放射状)で、形は倒披針形で深く裂け、切ると白い汁が出ます。根は太く地中深くに伸び、ごぼうのような形状をしています。たくさんの冠毛(かんもう)をつけた種子は綿毛と呼ばれ、風に乗って遠くに運ばれ、着地してから条件が整えば1週間ほどで発芽し、分布圏を広げていきます。

多くの別名を持つたんぽぽ
たんぽぽの種類は20種以上あるといわれ、どの種類のたんぽぽも食すことが可能です。多くの種類があるため、「だいこくばな(大黒花)」「かこもこ」「ででぽぽ」「くじな」「たな(田菜)」「ちちぐさ(乳草)」「つつみぐさ」「ででぽぽ」「ふじな」「たんほほ」「あずまたんほほ」など多くの別名で呼ばれています。英名「Dandelion」、フランス語では「Pissenlit(ピーサンリ)」、西洋では牧童の時計(シェパード・ボーイズ・ウオッチ)との異名で呼ばれています。

場所や環境によっていくつかの種類がある日本たんぽぽ
日本たんぽぽとは昔から日本に自生していたたんぽぽです。一口に日本たんぽぽといっても自生する場所や環境によって、関東地方=関東たんぽぽ、北海道から本州北部=蝦夷たんぽぽ、近畿以西=関西たんぽぽ、その他信濃たんぽぽ、東海たんぽぽなどと分布され、これらをひとまとめにして「日本たんぽぽ」と呼んでいます。

環境省指定要注意外来生物に指定されている西洋たんぽぽ
一方、西洋たんぽぽはヨーロッパ原産の帰化植物で、明治・大正・昭和の時代にかけて全国各地で増え、今なお増殖中。その旺盛な繁殖力から、環境省指定要注意外来生物に指定されています。西洋たんぽぽが始めて文献に登場したのは1904年の植物学誌で、この中で植物学者の古牧野富太郎博士は「やがて日本中に広がるだろう」と述べています。

西洋たんぽぽの渡来説
西洋たんぽぽの渡来にはいくつかの説があります。①エドウィン・ダン(明治の初めに酪農の父と呼ばれた)が、牧草と一緒に導入した ②外国からの荷物に種がついていて運ばれた ③宣教師が持ってきた ④札幌農学校の開校当時に野菜として栽培されたなどの諸説があり、その中で一番有力なのは④だといわれています。「西洋たんぽぽは札幌農学校で農業分野を担当していたアメリカ人教師ウイリアム・ペン・ブルックスがサラダ用の野菜として持ち込み、試験栽植したものから種が各地に広がり繁殖していった」と考えられています。

日本在来種と西洋種の違い
日本たんぽぽと西洋たんぽぽの見分け方のポイントは、黄色い花びらを取り巻いている部分=「総苞(そうほう)」で見分けることができます。総苞は多数の苞葉が集合して形成された一種の葉的器官で、日本たんぽぽの場合この総苞は外片が立っており、西洋たんぽぽは外片が外側に反り返っているのが特徴です。また、西洋たんぽぽの花は一年中見ることができますが、日本たんぽぽの花は春だけ咲きます。

丸ごと食べることができるたんぽぽ。根はコーヒーやきんぴらなどに
たんぽぽはどんな種類でも毒性がなく、花・葉・根と丸ごと食べることができる野草です。春に若菜を摘み、ゆでて浸し物や和え物にするのがポピュラー。サラダとして利用するフランスではサラダ用のたんぽぽが栽培されています。葉は甘味と香気が強く、ほろ苦い味が特徴です。花はしおれやすいので、採取したその日のうちに使用あるいは下処理します。根は洗って乾燥→煎る→粉末の過程を経てコーヒーにしたり、そのままきんぴらやかき揚げなどに利用されています。

生薬は、健胃・消化不良・利胆・利尿などの薬効がある
たんぽぽは貴重な民間薬草で、生薬名は「蒲公英(ほこうえい)」。これは開花前の全草をよく水洗い後乾燥させたもので、一方、根を乾燥させたものは「蒲公英根(ほこうえいこん)」と呼ばれています。たんぽぽの薬効は日本たんぽぽも西洋たんぽぽも同様で、ともに、健胃、消化不良、利胆(胆汁の流れをよくする)、肝炎、利尿、母乳不足、整腸、発汗、解熱、強壮などの目的で広く利用されています。全草を食べると食毒を消し、乳腫を治すと伝えられています。また、女性ホルモンを活発にして美肌効果があるともいわれています。

ノンカフェインのたんぽぽコーヒー
根を焙煎して粉末にしたものは「たんぽぽコーヒー」と呼ばれ、カフェインを含まない健康飲料として好まれています。根には胆汁分泌を促し、食欲不振や消化不良などを含む体質改善に効能があるとされ、また母乳不足の薬効もあることから、たんぽぽコーヒーは妊娠中や授乳期間中の女性に好まれています。

footer