header
つくしとは

語源は「つきづきし=調和している」
材料
つくしはトクサ科の多年草で、すぎなの繁殖器官・胞子茎です。早春の草原や田畑の畦など平地や山地を問わず、日当たりのよい所に姿をあらわす野草です。筆先に似た頭をもたげる姿から「土筆」と表記され、中国では「筆頭菜(ひっとうさい)」と呼ばれています。何本も並んで生えている様子から、古語の「つきづきし=調和している」が語源と推測され、「つくづくし」「つくつくし」などと呼ばれるようになったといわれています。また、その地によって「つくしんぼ」「つくしん坊」「筆の花」などの愛称でも呼ばれています。

前葉体を作ってより強い子孫を作る
つくしが伸びてくると、近くに小さな緑色のすぎなが姿を現します。つくしとすぎなは、ふきのとうとふきのように地下茎でつながる親子のような関係です。地下で生まれたつくしは厚い袴(はかま)に包まれて育ち、早春の頃に地上に顔を出し成長していきます。成長すると筆先のような穂先から胞子を放出。胞子の数は140~220万ともいわれ、風に運ばれて地上に落ち、水分を含んで発芽し前葉体という植物になります。前葉体では卵細胞と精子が作られ、受精すると芽(この芽がすぎな)を出して、運ばれたその地で繁殖していきます。地下茎で繁殖していくにもかかわらず胞子を飛ばして前葉体を作る理由は、より環境の変化に強い子孫を誕生させ繁殖していくためです。

古代から変わらないつくしの構造
つくしとすぎなの先祖は、水辺に生えていた「蘆木(ろぼく)」という樹木のような大きな生物だったといわれています。同じ科の「みずすぎな」や「みずどくさ」は、現在も湖沼や池・川岸などに群生していますが、つくしとすぎなは環境の変化に適応しながら姿を変え、現在のような日当たりのよい場所に群生する姿に変わっていったと考えられています。つくしとすぎなは水中生活から陸上生活へと移った植物の橋渡し的存在と推測されています。

つくしは早春の季語。歌材として登場するのは近世
和歌の世界で早春の季語として扱われているつくしですが、古代の和歌の世界では早春の歌材としてはわらびの方の人気が高く、つくしが歌材として登場するのは近世になってからです。鎌倉時代初期に藤原為家(ふじわらのためいえ)が詠んだ「佐世保姫の 筆かとぞみるつくづくし 雪かきわくる春のけしきは(残雪をかき分けるように頭を出した土筆を、佐世保姫のための筆かと見た)」(『夫木和歌抄(ふぼくわかしょう)』)があり、室町時代には狂言「土筆(つくづくし)」が観客を楽しませています。

footer