header
つゆくさ(露草)とは

瑞々しい青い花は一日草
材料
つゆくさは世界中に広く分布するツユクサ科ツユクサ属の一年草で、日本では北海道から沖縄に至る湿気のある空き地や道端などに生息しています。種類は600種ほどあるといわれ、日本では4属8種類が生息しているといわれています。茎は長く地を這うように茂り、晩夏から初秋にかけて二つ折れになった苞(ほう)の間から青色の花を咲かせます。花は早朝に咲き出し露が残っている間は瑞々しく咲いていますが、陽があたる午後にはしぼんでしまう一日花です。花弁は3枚あり(2枚は青で大きく、1枚は白で小さい)、葉は竹の葉のような形をし、20~30㎝に生長します。

別名を多く持つつゆくさ
夜間に放射冷却で冷やされた葉や花に大気中の水蒸気が集まり露を帯びることから、和名では「露草(つゆくさ)」と呼ばれています。また月の光を浴びて咲くので「月草(つきぐさ)」、蛍の光を連想させる、あるいは蛍のカゴに入れたことから「蛍草(ほたるぐさ)」、花を包んでいる苞の形から「帽子花(ぼうしばな)」、万葉時代には花弁を臼でついて色汁を布にこすり付けて染めたことから「着草(つきくさ)」「青花(あおばな)」、その他「かまつか」「はまぐりぐさ」など様々な名で呼ばれています。

友禅や絞り染めの下絵の絵の具として利用される
つゆくさの青い色素は水に溶けやすく退色しやすい性質を持っています。その性質を利用して万葉の時代には摺染(すりぞめ)に、江戸時代には友禅や絞り染めの下絵を描く時の絵の具として利用されてきました。現在でも利用されている「青花紙(あおばながみ)」はつゆくさの花弁を絞った液を特定の和紙に塗り重ねて乾燥させて作られるもので、つゆくさが市の花に制定されている滋賀県草津市で伝承されています。

※青花紙に使われるつゆくさは「大帽子花(おおぼうしばな)」と呼ばれる花の部分を大きく品種改良したつゆくさで、一般に「青花」と呼ばれています。

蛇や犬にかまれた時にも有効
つゆくさの開花期(開花期のものが一番勢いがよい)に地上部を刈り取って乾燥させたものを生薬名では「鴨路草(おうせきそう)」といい、解熱、利尿、水腫、心臓病、下痢、咽喉痛、扁桃炎、口内炎、はれもの、虫刺され、あせもなど多岐に亘り利用されています。民間療法では虫刺されやはれものなどに有効な野草は数多くありますが、蛇や犬にかまれた時の使用にも有効であると、『大和本草(やまとほんぞう)』(江戸時代前期の代表的本草書。著者:貝原益軒)に著されています。あせもや湿疹には刻んで天日乾燥させた葉と茎を布袋に入れて浴剤にする民間療法が伝わっています。

※生薬:天然に存在する薬効を持つ産物から、有効成分を生成することなく体質改善を目的として利用する薬の総称。

footer