header
やぶかんぞう(藪萱草)とは

古くから食用されていたやぶかんぞう
材料
やぶかんぞうはユリ科ヤブカンゾウ属の多年草です。人里近くの道端や土手、田の畔や山野など全国各地に自生し、葉は細長く夏に長い花茎の頂上に橙赤色の八重の花を咲かせます。若芽や蕾は古来より食用され、一部が紡錘状に膨らむ根茎は薬効があるとされ、中医学では黄疸や利尿の治療に用いられてきた歴史を持っています。「かんぞう」の名は漢名の「萱草」を日本読みしたもので、「やぶ」は藪のような場所に生息することから名づけられたと考えられています。

「甘草(かんぞう)」と「萱草(かんぞう)」は別種のもの
ユリ科ヤブカンゾウ属の多年草には、やぶかんぞうの他に「のかんぞう」「にっこうきすげ」「ゆうすげ」などがあります。のかんぞうは若葉の頃はやぶかんぞうと形姿が類似しており区別が困難ですが、やぶかんぞうの花が八重であるのに対してのかんぞうは一重六弁の花をつけるため、花が咲くと容易に区別することができます。漢方薬として有名な「甘草(かんぞう)」はマメ科の多年草で、「萱草(かんぞう)」とは別種のものです。

別名「わすれぐさ」とも呼ばれ、万葉集や古今集で詠まれる
やぶかんぞうは中国の「ほんかんぞう」の変種と考えられ、有史以前に中国大陸から渡来した帰化植物といわれています。中国古書の『文選(もんぜん)』養生論に「萱草忘憂」の記述があり、この花を見て憂いを忘れるという故事から、別名「わすれぐさ」とも呼ばれています。心配事を忘れるほど美味であるという一説もありますが、日本では万葉集や古今集で詠まれ、平安時代中期の辞書『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』には「和須礼久佐(わすれぐさ)」の名が登場しています。

船乗りの必需品だった鉄分豊富な「金針菜」
春の若葉は山菜として美味で、根ぎわの白い部分にはねぎのようなヌメリが、また6~8月頃の花蕾はほのかな甘みがあります。採取した花蕾を熱湯で数分ゆがいてから日干しして乾燥させものを、生薬では「金針菜(きんしんさい)」といい、解熱・風邪・不眠症・むくみ・利尿などの症状緩和に利用されています。金針菜は鉄分を豊富に含んでいることから、古代中国では船に積み込まれ船乗りの必需品だったと伝えられています。乾燥させた花蕾を使用する時は、湯で戻してから使います。

沖縄県の伝統野菜「くわんそう」
やぶかんぞうの近縁として、沖縄に自生している「くわんそう」とい野草があります。やぶかんぞうと同じユリ科ヤブカンゾウ属の植物で、琉球王国の時代から食材として利用されてきた歴史を持っています。現在、沖縄県の伝統野菜のひとつに認定され、計画的な栽培も行われています。和名を「秋のわすれぐさ」といい、安眠やイライラ予防に有効とされ、健康食品として活用されています。

footer