header
よめな(嫁菜)とは
材料
野菊の代表格
よめなはキク科ヨメナ属の多年草で、学名はKalimeris pseudoyomena。野菊の代表格です。キク科の植物は数多くあり、姿も似ているものが多いため、まとめて「よめな」と呼ばれています。本州中部以西、四国や九州などのやや湿った山地に自生し、葉の色は深緑で、特有の香気を持っています。茎の高さは30~100cmほどで、芽立ちのころの茎は赤みが強く、上の方で枝分かれしています。葉は互生で、卵状楕円形の粗く低い鋸歯、周辺には浅くて大きな鋸歯を持ち、地下茎は地中を四方に這って広がり、先端に新芽を出して増えていきます。夏から秋(7~10月)にかけて茎の先端から花茎を伸ばし、その先端に薄紫色の頭状花を咲かせます。

万葉の時代から親しまれていた春の摘み草
よめなは万葉の時代から親しまれ食されていた野草で、万葉集の中では「うはぎ」の名で謳われている代表的な春の摘み草です。名の由来はさまざまあり、①「嫁菜」は、美しく優しげな花を咲かせることから「嫁」の字があてられた ②「鼠菜=夜目菜(よめな)」は、夜に活動する鼠によめなを食べさせ、畑のなすを食べさせないためにこの字があてられた ③「乳菜(ちちな)」は若菜を摘み取ると、茎から白い乳を出すからなどと言われ、その他、「おはぎ」「はなぎ」「よめがはぎ」「よめのさい」「なつぎく」「のしゅんぎく」「やましろぎく」など、多くの別名で呼ばれています。

民間療法では解熱剤や利尿剤として利用されている
よめなは開花期に全草を採取して天日で乾燥させたものを、民間療法では解熱や利尿剤として利用されています。食用としては3~4月に5~6cmほどに伸びた若葉を、根元からナイフなどでそぎ取り、塩少々を入れた熱湯でゆでてから水にさらし、和え物・お浸し・汁の実などに利用します。独得の香りがあるので、水に20~30分さらすと食べやすくなります。

footer