header
よめなに含まれる主な成分
材料
カロテン、ビタミンK、ビタミンCなどのビタミン類を含み、特にカロテンが多く含まれています(ビタミンA効力が100g中3100IUと高い)。ミネラルではカリウム含有が高く、食物繊維も豊富に含まれています。低カロリーでたんぱく質、炭水化物、脂質のバランスがよいため、ダイエット食にも適しています。

カロテンが眼に栄養を与え、皮膚や粘膜の健康に維持する
カロテンは体内でビタミンAの働きをする栄養成分です。眼に栄養を与え、皮膚や粘膜の健康維持に働くため、不足すると視力低下、粘膜乾燥による消化吸収能力の低下や呼吸器系の抵抗力低下、皮膚の乾燥やぱさつきなどの障害が発生します。そのまま体内に吸収されるビタミンAと違ってカロテンの吸収率は低いのですが、脂溶性なので油を使った調理法にすると、吸収率がグンと高まります。バランスよく食べれば不足する成分ではなく、逆にサプリメントなどでの過剰摂取(極端な取り過ぎ)は過剰症を引き起こすため注意が必要です。

血圧正常化に働くカリウム
よめなにはカリウムが含まれています。カリウムは多くの食品に含まれており、主に小腸から吸収され腎臓から排出されるミネラルです。ナトリウム同様に体液浸透圧などに働き、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制して尿の排泄を促す働きがあるため、血圧安定や利尿作用に有効に働きます。水溶性のため損失量は調理法によって異なるため、煮汁を利用できる調理法にすると損失量を抑えることができます。

血管強化や抗ストレスに働くビタミンC
ビタミンCは血管強化や抗ストレスに働くビタミンです。欠乏すると皮下出血や歯茎が紫色になる、骨折しやすくなるなどの原因になります。熱に弱く、水溶性のビタミンなので、有効に取るには生食がベスト。加熱する場合には手早くする、あるいは揚げるなどの調理法にすると、損失を少なくすることができます。

血液凝固と骨の形成に働くビタミンK
よめなにはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKは「出血を防ぐビタミン」とも呼ばれ、ビタミンK1とビタミンK2の二つに大別されています。血液の凝固を促進し、骨に存在するたんぱく質のオステオカルシンを活性化して骨の形成を促す働きを持っています。緑黄色野菜にはK1、肉・卵・乳製品・果物&一般野菜にはK2が多く含まれています。

生活習慣病の予防にも働く食物繊維
食物繊維は体内では消化できない炭水化物で、エネルギー源にはなりませんが「体の掃除係」として働くことから、「第6の栄養素」と呼ばれています。水溶性と不溶性があり、ともに整腸作用が強く、便秘解消や有害物質排出などに働きます。コレステロール値低下にも働くため、生活習慣病予防にも有効。よめなには水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。

光合成に欠かせないクロロフィル(葉緑素)が健康維持に働く
よめなの葉の緑色は、クロロフィル(葉緑素)と呼ばれる緑色をした色素です。クロロフィルの分子構造は血液に類似しているため、「植物の血液」とも呼ばれています。「増血や血液をキレイにする」「肝臓の強化」「損傷を受けた組織の修復」などの働きを持ち、私たちの健康維持に働き、光合成に欠かせない成分です。

※光合成:動けない植物が必要な栄養分(炭水化物)を自分の体の中で作る仕組み。太陽光・空気中の二酸化炭素・根から吸い上げた水を使って、葉緑体の中で栄養成分を作り出し、水を分解する過程でできる酸素は外に排出する。

footer