header
よもぎとは

古来より薬草として利用されてきたよもぎ
材料
よもぎは日本全国いたる所の山野に自生しているキク科の多年草です。特有の香気を持ち、春の若葉は米粉に入れて草餅にすることから、別名モチグサとも呼ばれています。旺盛な繁殖力で山野一面に萌えいずることから「善萌草」、よく燃えることから「善燃草」、四方に根茎を伸ばして繁茂することから「四方草」などの字が当てられ、その生命力には邪気を払う力があると信じられ、古来よりひな祭りや端午の節句などのハレの日にはよもぎを使った料理が数多く作られてきました。また薬草として咳止め・虫下し・血止めなどに利用され、日常的に取り入れることで体質改善・病気予防・健康増進などの民間療法として、現在でも伝承されています。
よもぎは葉のみならず、茎・根・花(花穂)のすべてを食すことが可能な野草で、中国では「艾葉(がいよう)」と呼ばれ生薬として利用されています。

冷え性予防やアトピー性皮膚炎のかゆみにも有効
よもぎは体を温める作用を持っているため、冷え性予防におススメの野草です。そのまま食べたり乾燥させてよもぎ茶にしたり、またよもぎの葉を浴槽に入れたよもぎ風呂にするなどしてよもぎを取り入れると、体の内部から温まり、血液促進作用により肩こり解消などに効果を発揮します。よもぎ風呂にする場合は、袋に入れたよもぎを水の段階から入れて風呂を焚き、ややぬるめの湯に長めに入ると効果的です。水の段階から入れることで薬効成分が湯に溶け出し、肌荒れやアトピー性皮膚炎のかゆみにも有効と言われています。さらによもぎに含まれる精油が湯冷め予防に働きます。

春のよもぎはやわらかい。夏から秋のよもぎは薬効が高い
よもぎは春を過ぎると生長して背丈が伸び、葉はかたくなりアクも強くなります。そのため、生食や草餅などに利用する時はやわらかく香りのよい3~5月のよもぎが最適です。一方、夏や秋のよもぎはかたくアクも強くなりますが、薬効はこの生長したよもぎの方が高くなります。アクを取り除けば美味しく食べることもでき、お茶にしたり、調味料に漬け込んで薬効を抽出するのには最適のよもぎとなります。季節にとらわれず、芽生えたよもぎは一年中利用できます。

●よもぎを摘み取るタイミング
3~5月 :新芽や若葉(一芯五葉(いっしんごよう)=新芽の先端から5枚目の葉くらいまで)
夏以降 :新芽の部分(一芯三葉(いっしんさんよう)=新芽の先端から3枚目の葉)

花穂にも、茎や根にも薬効が含まれている
よもぎはお盆前後の頃になるとトウが立ち「花穂」と呼ばれる花が咲きます。この花穂部分にも薬効が豊富に含まれています。よもぎは花穂のみならず、茎や根にも薬効効果があり、健康増進に有効な野草です。ただ、茎や根は花穂に比べてアクが強くかたいので、下準備をしっかりすることが必要です。茎や根は一度蒸してから茹でると食べやすくなります。

お灸の艾(もぐさ)には、白い綿毛が多い梅雨明けのよもぎが使われる
お灸で使われる艾の原料はよもぎの葉で、白い綿毛が一番多い梅雨明けの頃のよもぎが使われています。梅雨明けに収穫したよもぎの葉を乾燥させ、空気の乾燥した冬場に粉砕して裏の綿毛だけを艾として利用します。よもぎが艾として利用されていた歴史は古く、百人一首に藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)が詠んだ「伊吹の さしも草」の和歌が収録されており、このことからも、百人一首が作られた1235年以前にすでに艾が利用されていたことがうかがえます。

よもぎを野菜として食べる沖縄県
南北に長い日本列島の中で、よもぎを野菜として食べる風習のあるのが沖縄県です。よもぎは「フーチバー」と呼ばれ、市場で売られたり家庭菜園で栽培されたりと、沖縄の食生活に溶け込んでいる野草です。春の若葉を使った雑炊は「フーチバージューシー」と呼ば れ、沖縄県の郷土料理として有名です。また沖縄では山羊料理の臭み消しとしても利用されています 。

footer