ヘルパンギーナ・手足口病予防レシピ

ヘルパンギーナ・手足口病予防レシピ

header
ヘルパンギーナも手足口病も、ウイルスが原因の感染症で、6月頃から発生し、夏を中心に流行する子どもの病気です。発熱し、口の中に水ぶくれができて痛むため、食欲が落ちやすくなります。食欲低下は免疫力をさらに低下させる原因になるので、栄養バランスの取れた、やわらかくて喉ごしのよいものをしっかり食べさせましょう。発熱時は水分補給も兼ねたジュースやスープがおススメです。野菜や果物は水分含有が高く、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、体調にあわせてしっかりと摂取させましょう。また、脱水に気をつけ、麦茶や牛乳などで水分をこまめに取ることも大切です。
footer


マカロニとほうれん草の茶碗蒸しの画像
  • 25分
  • マカロニとほうれん草を入れて作る茶碗蒸しは、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルがバランスよく取れる一品です。だし汁を多くするほどなめらかな茶碗蒸しになるので、飲み込むことが大変な時はだし汁を多めにしてください。熱があり喉の痛い時の栄養源としておススメ。マカロニの代わりに春雨を使っても食べやすいです。
    レシピ参照
 
ごまたっぷりの牛乳豆腐の画像
  • 30分
  • くず粉は葛の根から取れるでんぷんで、初期の風邪からくる寒気や喉の渇きを癒す効果があるとして、古くから民間療法で用いられてきた食材です。良質なたんぱく質や脂質を含むごまや牛乳と一緒に取ると、虚弱体質が改善され、風邪などで体力が落ちた時の栄養補給源として優れた食べ合わせになります。ビタミン、ミネラルも豊富な栄養食なので、日常的に取ると体力強化につながります。
    レシピ参照
 
豆腐とにんじんのトロロ焼きの画像
  • 20分
  • 大豆の栄養成分をそっくり持っている豆腐、抗酸化力が高く体を温める作用を持つにんじん、消化吸収に優れた長いも、滋養・健脳に優れた卵は、病気時や病後の衰弱時の栄養補給源としておススメの食べ合わせです。青海苔やカツオ節でビタミンやミネラルをさらに補います。
    レシピ参照
 
鶏ひき肉と野菜の牛乳ワンタン卵とじの画像
  • 20分
  • 小麦粉から作られるワンタン皮の主成分は糖質です。小麦粉には水分代謝をよくする働きがあるため、体のほてり緩和に働きます。お腹を温める作用のある鶏肉とビタミン・ミネラルが豊富な野菜を具にして作るワンタンを、牛乳と卵と一緒に取ると、病気時や病後の栄養補給に優れた食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
じゃがいも皮の蒸しぎょうざの画像
  • 30分
  • じゃがいもはビタミン類を豊富に含み、特に含有量が高いビタミンCは加熱に強い優れものです。片栗粉を混ぜて蒸すと喉ごしがよくなり、喉が痛い時でも食べることができます。豚ひき肉のビタミンB1が疲れや食欲不振を予防し、ビタミンAが粘膜強化に働きます。
    レシピ参照
 
白身魚の牛乳粥の画像
  • 20分
  • キスは良質なたんぱく質を持ち、淡白で消化がよいため、体力の落ちている時に最適な栄養源となります。牛乳と一緒に取ると、体質が強化されて、体のほてりが冷まされるため、風邪などで熱のある時に有効な食べ合わせになります。卵をプラスして、栄養バランスを整えます。
    レシピ参照
 
トマトリゾットの画像
  • 25分
  • トマトは加熱すると甘みが引き立ち、抗酸化力の高いリコピンの効能がより一層高まります。チーズでたんぱく質、オリーブ油で脂質、ごはんで糖質をプラスすることで、エネルギーの高い栄養バランス食になります。トマトのほのかな酸味が食欲増進に働くため、発熱や喉が痛い時にもおススメの一品です。
    レシピ参照
 
豆腐の茶粥の画像
  • 20分(米を水に浸ける時間は除く)
  • 「百薬の長」といわれるお茶は、アミノ酸や美肌効果の高いビタミンCが豊富に含まれています。渋み成分のタンニンには収れん作用があるため、喉の痛みに効果を発揮します。消化のよい豆腐には気管支炎などの咳や痰を緩和する働きがあり、茶・豆腐・米で作る茶粥は、体力が落ちて胃腸の弱っている時に最適な食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
チーズ入りかぼちゃマッシュの蒸しパンの画像
  • 25分
  • 小麦粉、砂糖、牛乳、かぼちゃで作る蒸しパンは、エネルギー補給や体力強化に有効な食べ合わせです。牛乳のビタミンB2が炭水化物をエネルギーに変え、豊富なカルシウムが骨の強化に働きます。牛乳よりも消化吸収に優れているチーズと、抗酸化力が高く食物繊維が豊富なレーズンを加えることで、栄養価をさらに高めます。
    レシピ参照
 
ミルク餅の画像
  • 20分
  • 片栗粉は本来、ユリ科のかたくりから作られるでんぷんですが、生産量がわずかなため、多くはじゃがいもから作られています。牛乳・砂糖と一緒に取ると、滑らかな食感で喉ごしがよくなるため、喉の痛い時の栄養補給に最適なデザートになります。牛乳ときな粉で良質な植物性たんぱく質やリノール酸を補い、栄養価を高めます。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く