夏バテ予防レシピ(2)

夏バテ予防レシピ(2)

header
高温多湿の日本の夏は、体力が消耗しやすい季節です。体がだるく、食欲が出ず、暑さから寝つきが悪いなどの症状が重なり、「慢性疲労」が引き起こす夏バテ現象になりがちです。

暑さで汗をかき、ビタミン類やミネラル類の流失が激しい季節なので、毎日の食事で流失した栄養素をきちんと補っていくことが大切です。
疲労回復に効果の高いビタミンB群を始め、大量の汗で流失するミネラル類をコンスタントに補給し、夏に負けない体力を維持しましょう。
footer


キムチとゴーヤのピカタの画像
  • 20~25分
  • 唐辛子・にんにく・しょうが・にらなどを組み合わせて作るキムチは、抗菌性や血栓予防、疲労回復効果などに優れた発酵食品です。豚肉と一緒に食べ合わせると、豚肉のビタミンB1の吸収が高まり、疲労回復に効果を発揮します。ゴーヤの持つククルビタシンには抗がん作用があり、キムチやにんにくの働きと一緒に生活習慣病の予防に有効に働きます。
    レシピ参照
 
キムチの炊き込みご飯の画像
  • 60分(干ししいたけを戻す時間は除く)
  • ロースハムや胚芽米は、疲労回復に効果の高いビタミンB1を豊富に含んでいる食材です。キムチに含まれるにんにく・にら・ねぎ類がビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果を発揮します。干ししいたけのビタミンDがカルシウム吸収を高めるので、精神が安定し寝つきが悪い夏の夜に有効な一品となります。
    レシピ参照
 
キムチと揚げ夏野菜のだし汁和えの画像
  • 15~20分(揚げ野菜を調味液に浸ける時間は除く)
  • 抗酸化力の高いしし唐辛子のβ‐カロテン・なすのナスニン・トマトのリコピン、ビタミンCが豊富なパプリカに抗菌・抗酸化力の高いキムチを一緒に取ると、免疫力が強化され食欲が増進する食べ合わせになります。枝豆のビタミンB1はキムチの硫化アリルによって吸収率が高められ、夏の食欲不振を解消し疲労回復に働きます。
    レシピ参照
 
ゆで豚肉巻きのごまだれ風味の画像
  • 10~15分
  • 豚肉のビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに換える働きに優れ、その働きはにらの硫化アリルによって高められるため、豚肉とにらは疲労感や倦怠感の回復に優れた食べ合わせです。にんじんのβ‐カロテンが胃の粘膜強化に働き食欲不振を防ぎます。ごまに含まれる豊富なビタミンB1が疲労回復力をさらに高めます。
    レシピ参照
 
カツオとチーズの生春巻きの画像
  • 20~25分
  • ビタミンB1を含むカツオとビタミンB2を含むプロセスチーズは、疲れやすい体を元気にしてくれる食材です。青じそや白髪ねぎの硫化アリルがビタミンB群の吸収を高め、疲労回復力が高まります。米粉が主原料のライスペーパーは、ビタミンB群やクエン酸の働きで有効なエネルギーに変換され、体力を強化して疲労回復力をさらに高めます。梅干のクエン酸が食欲増進に働きます。
    レシピ参照
 
胚芽米と鮭のリゾットの画像
  • 60分
  • 糖質の代謝を助ける胚芽米のビタミンB1、脂質と糖質の代謝を助けるチーズのビタミンB2、たんぱく質の代謝を助ける鮭のビタミンB6を組み合わせたリゾットは、疲れやすく体がだるい時に有効に働いてくれる食べ合わせです。米はわずかに芯を残すとおいしいので、洗わないで調理します。
    レシピ参照
 
木綿豆腐・チーズ・ツナのはさみ焼きの画像
  • 20~25分
  • カルシウムが豊富なチーズと、カルシウムの働きを調整するマグネシウムを含む木綿豆腐を一緒に取ると、精神が安定して安眠に有効な食べ合わせになります。ツナ缶のマグロにに含まれるビタミンB6はたんぱく質代謝に働き、エネルギー源となって疲労回復に働きます。良質なたんぱく質や脂質・ビタミンやミネラルがバランスよく取れ、免疫力強化や美肌にも有効です。青じそやパセリを添えてビタミンCを補います。
    レシピ参照
 
小豆と豆腐の「ざっつえ」の画像
  • 40~50分
  • 茨城県の郷土食で、特に不祝儀に振舞われた料理です。小豆は玄米に近いビタミン1を含有し、疲労回復に有効に働く食材です。小豆と木綿豆腐はともにマグネシウムを豊富に含んでおり、カルシウムの働きを調整して精神を安定させ、安眠にいざなってくれます。好みで煮詰めると、おかずや酒の肴にピッタリな一品になります。
    レシピ参照
 
ウナギそばの画像
  • 15~20分
  • ウナギは内臓・皮膚・目などの粘膜を強化するビタミンAや、疲労回復に働くビタミンB1、老化を防止するビタミンEなどを豊富に含む食材です。ウナギとそばを一緒に取ると、そばのビタミンB1と一緒に疲労回復力が高まり、にんにくがその働きをさらに強化します。良質なたんぱく質・脂質・炭水化物の取れる栄養バランスのよい一品で、体力や免疫力、抗酸化力に優れています。
    レシピ参照
 
きゅうりの糠漬けと落花生白和えのカナッペの画像
  • 20~25分
  • 落花生と豆腐にはビタミンB1が豊富に含まれ、きゅうりは糠漬けにするとビタミンB群の含有量がグンとアップします。落花生・豆腐・きゅうりの糠漬け・小麦胚芽のクラッカーを一緒に取ると、豊富なビタミンB群がたんぱく質や脂質の代謝に働き、疲れが取れて元気が出てくる食べ合わせになります。豊富な食物繊維がコレステロール低下や便秘予防に働きます。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く