乾燥肌予防レシピ

乾燥肌を予防する生芋こんにゃくレシピ

header
こんにゃくは昔から「お腹の砂払い」と呼ばれ、腸内をキレイにする働きで知られています。グルコマンナンという水溶性の食物繊維を豊富に含んでいるためで、グルコマンナンは腸の働きを活発にして便秘を解消し、血中コレステロールを低下させる働きに優れています。成分の約97%が水分で、ノンカロリー。ダイエット食としても人気があります。さらに生芋のこんにゃくには、「セラミド」という皮膚の角質層に存在する脂質を豊富に含んでいることが知られています。セラミドは角質層のバリア機能と角質層に存在する水分を守るという、肌の乾燥を予防する重要な働きをする成分です。乾燥肌を予防すると同時に、便秘や糖尿病などの予防にも有効なこんにゃくを、日常の食卓に登場させ、大気の乾燥した季節を乗り切りましょう。
footer


こんにゃくの和風煮の画像
  • 15分
  • こんにゃくは食物繊維や皮膚の角質層に存在する脂質「セラミド」を豊富に含んでいる食品です。こんにゃくと唐辛子を一緒に取ると、こんにゃくのセラミドがバリア機能と水分を保持し、唐辛子が新陳代謝を高めるため、乾燥肌の予防に有効な食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
こんにゃくの味噌煮の画像
  • 15分
  • こんにゃくと豚肉を一緒に取ると、こんにゃくのセラミドと豚肉の良質なたんぱく質と脂質が肌に潤いを与える食べ合わせになります。味噌もセラミドを含んでおり、新陳代謝を高めるしょうがをプラスして肌の潤い効果を高めます。
    レシピ参照
 
白滝のごまマヨネーズ和えの画像
  • 15分
  • にんじんのβ-カロテン、ハムのたんぱく質、ごまとマヨネーズの脂質が、白滝が含有するセラミドの働きをバックアップします。肌のかさつきを予防する優れた食べ合わせです。
    レシピ参照
 
こんにゃくステーキの画像
  • 15分
  • こんにゃくとオリーブ油を一緒に取ると、こんにゃくのセラミドとオリーブ油の良質な不飽和脂肪酸が肌を潤し、乾燥肌の予防に優れた食べ合わせになります。ワカメのカロテンがその作用をさらに高め、にんにくの抗酸化力が細胞の酸化予防に働きます。
    レシピ参照
 
こんにゃくの卯の花の画像
  • 15~20分
  • こんにゃくとおからには、皮膚の角質層に存在してバリア機能と水分保持に働くセラミドが豊富に含まれています。食物繊維も豊富に含まれているため、乾燥肌の予防と同時に腸内環境が整えられ、血中コレステロール値低下に働きます。糖尿病予防にも有効な一品です。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く