自律神経失調症予防レシピ

自律神経失調症予防レシピ

header
自律神経失調症とは、「体を動かす自律神経のバランスが崩れ、そのために起こる体のさまざまな不調の状態」をいいます。病変ではないので、検査をしても異常なし。でも体は不調というつらい状態です。神経や日常のストレスなどが原因として挙げられ、また治療法も心理療法や薬物療法などさまざまあります。飽食といわれる現代ですが、ビタミンやミネラル不足の食生活を送っている人が意外と多く、アンバランスな食生活が自律神経の乱れの原因となっている点も見逃せません。ここでは症状を和らげる食べ物を日常的に取ることで自律神経を上手にコントロールし、症状緩和が期待できるレシピを紹介しましょう。おススメは日常もっとも入手しやすい大豆。大豆はたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類をバランスよく含んでおり、症状緩和に有効な食べ物です。煮る時間がない時は、煮大豆を上手に利用してください。
footer


大豆のマリネの画像
  • 90分(0)
  • ビタミンB群を豊富に含んでいる大豆は、神経の働きを正常に保つ働きに優れています。大豆はイライラを解消するカルシウム、うつ症状を緩和するマグネシウムなども含有しており、自律神経失調症の症状緩和に有効な食品です。パセリでビタミンC、にんじんでβ-カロテンを補います。
    レシピ参照
 
大豆とウナギのサラダの画像
  • 20分(0)
  • ウナギは必須アミノ酸を含有している良質なたんぱく質・ビタミンB2・ビタミンAなどを、大豆は良質なたんぱく質・ビタミンB群・カルシウム・マンガンなどを豊富に含んでいます。必須アミノ酸やビタミンAは自律神経をコントロールする働きを持ち、ビタミンB群が神経の働きの正常化に働くため、自律神経失調症の症状緩和が期待できる食べ合わせとなります。ブロッコリーのビタミンCが全身の抵抗力を高めます。
    レシピ参照
 
2色大豆れんこんの画像
  • 20分(0)
  • 大豆とれんこんは、大豆のビタミンB群・カルシウム・マグネシウムと、れんこんのビタミンB12・ビタミンCの働きにより、神経の働きが正常化され、自律神経失調症緩和に有効な食べ合わせです。ビタミンB12は悪性貧血予防に有効なビタミンであり、不足すると神経や精神に影響を与えます。くるみをプラスしてビタミンEを補い、ホルモン分泌を調整します。コレステロール値低下や整腸作用にも優れています。
    レシピ参照
 
大豆リゾットの画像
  • 30分(0)
  • 胚芽米と大豆は、ともにビタミンB群を豊富に含んでいる食べ物です。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、B6やナイアシンはたんぱく質や脂質の代謝に働き、神経の働きを正常に保ちます。チーズのたんぱく質やカルシウムがイライラを鎮めて自律神経のコントロールに働き、オリーブ油のビタミンEがホルモン分泌の調整に働きストレスに負けない身体を作ります。
    レシピ参照
 
ヒジキ入り大豆ボールのミルクシチューの画像
  • 40分(0)
  • ヒジキを入れて作る大豆ボールは、ヒジキと大豆のカルシウムがイライラを鎮め、マグネシウムがうつ症状緩和に働くため、症状緩和が期待できる食べ合わせです。クリームシチューのたんぱく質・ビタミンB群・カルシウムがプラスされ、より一層の効果が期待できます。にんじんでビタミンAを、じゃがいもでビタミンCを、オリーブ油でビタミンEを補い、ストレスに負けない身体を作ります。豊富なカルシウムが骨の強化に働きます。
    レシピ参照
 
酢大豆の画像
  • 15分(0)
  • 煎った大豆を酢に漬けて作る酢大豆は、体調を整え、ダイエットにも優れた食べ物です。酢には血管を丈夫にして血流をよくする働きがあり、大豆と一緒に取ると、大豆の栄養素が体に無駄なく吸収されます。大豆が含有するたんぱく質・ビタミンB群、カルシウムやマグネシウムが自律神経失調症の症状緩和に有効に働きます。
    レシピ参照
 
イワシのナッツフライの画像
  • 20分(0)
  • イワシは良質なたんぱく質やビタミンB群、カルシウムなどを豊富に含んでいる青魚です。ビタミンEを豊富に含むナッツと一緒に取ると、自律神経がコントロールされ、症状緩和に有効な食べ合わせになります。青じそやレモンのビタミンCがプラスされると、ストレス対策に優れた効果を発揮します。
    レシピ参照
 
常夜鍋の画像
  • 15分(0)
  • 豚肉とほうれん草で作る鍋は、豚肉のビタミンB1とほうれん草のビタミンCの働きでストレスへの抵抗力が高まるため、神経の働きが正常化される食べ合わせとなります。ほうれん草のビタミンCは加熱時間が短いほど多く取れるので、茹で過ぎに注意しましょう。
    レシピ参照
 
サバとヒジキの炊き込みごはんの画像
  • 60分(米を水に漬ける時間は除く)
  • 胚芽米にサバとヒジキを加えて作る炊き込みご飯は、胚芽米のビタミンB1、サバの良質なたんぱく質やビタミンB群、ヒジキのカルシウムやマグネシウムの働きで、自律神経失調症の症状緩和に有効な食べ合わせになります。イライラ解消やうつ症状の緩和にも有効です。
    レシピ参照
 
ウナギの牛乳トロロの画像
  • 15分(0)
  • 牛乳はたんぱく質・ビタミン・カルシウムなどをバランスよく含んだ栄養食品で、ウナギと一緒に取ると、神経の働きが正常に保たれ自律神経がコントロールされる食べ合わせになります。胚芽米のビタミンB1がプラスされることで、イライラや疲労感がより一層解消されます。
    レシピ参照
 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く