11月の旬のレシピ

 
11月の大気は冬の気配が濃厚です。朝晩の冷え込みはさらに厳しくなり、冬の準備の助走期間を迎えます。この時期には体内を温める食べ物をしっかり取り、呼吸気管の保護に努めることが大切です。乾いた空気は肺などの呼吸気管を直撃しやすく、免疫力が低下すると風邪をこじらせ肺炎に…という状況になりかねません。滋養豊かな食材で免疫力を強化しましょう。
 11月は胃腸の働きを高め、体を温める根菜類がますますうまみを増してくる嬉しい季節です。ゼラチン質の多い魚介類や鶏の手羽先などの動物性たんぱくを上手に組み合わせて、免疫力を強化し秋の冷気に負けない体力をつけましょう。


<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
りんごサラダ
食物繊維とカリウムがタップリ取れる
りんごサラダの画像
  • 15分
  • りんご・バナナ・セロリは食物繊維やカリウムが豊富な食材です。一緒に取ると、豊富な食物繊維が便秘を解消して血中コレステロールを低下させ、カリウムが体内のナトリウムを調整して血圧安定に働く食べ合わせになります。ヨーグルトが腸内の働きをさらに高め、くるみとマヨネーズで脂質を補います。
    レシピ参照
 
じょうよ蒸し
消化吸収に優れた大和いもと白身魚が、体力低下を食い止める
じょうよ蒸しの画像
  • 25~30分
  • じょうよ蒸し(薯蕷蒸し)とはすりおろしたやまいもを材料の上に乗せて蒸し上げた料理です。タラは良質なたんぱく質やカルシウムを含む低脂肪な白身魚です。胃腸が弱く体力の落ちている時に向く食材で、同様に消化吸収に優れているやまいもと一緒に取ると、滋養強壮に優れた食べ合わせになります。やまいものヌメリ成分はたんぱく質の吸収を促進し、加熱調理すると下痢に効くといわれています。
    レシピ参照
 
カリフラワーのマリネ
高い抗酸化力を持ち、美肌にも有効
カリフラワーのマリネの画像
  • 10~15分(味をなじませる時間は除く)
  • カリフラワーはブロッコリーが突然変異して誕生したといわれ、別名「花キャベツ」とも呼ばれています。血管強化に働くビタミンCを多く含み、ビタミンCは加熱による紛失率が少ない優れもの。サーモンのピンクの色はアスタキサンチンと呼ばれるカロチノイド色素で、体内でビタミンA効果を発揮します。カリフラワー・サーモン・しめじは抗酸化力の高い美肌やダイエットにも有効な食べ合わせで、カリフラワーが含有するビタミンB1と酢が一緒に働き、疲労回復にも効果があります。
    レシピ参照
 
カリフラワーのゆで卵和え
免疫力が高まり、体力が強化される
カリフラワーのゆで卵和えの画像
  • 15~20分
  • カリフラワー・ゆで卵・ベーコンを一緒に取ると、良質なたんぱく質や脂質、ビタミン類やミネラル類がバランスよく取れ、さらに、抗酸化力の高いにんにくやパセリを加えることで、免疫力が高まり体力強化に優れた食べ合わせになります。パセリのビタミンCは加熱に弱いので最後に入れると、無駄なく取り入れることができます。
    レシピ参照
 
ホタテ貝柱と豆のカレー
体力が強化され、老化防止も期待できる
ホタテ貝柱と豆のカレーの画像
  • 30~35分
  • ホタテの動物性たんぱく質と、豆類の植物性たんぱく質を一緒に食べ合わせるアミノ酸スコア満点のカレーです。脂質は良質な不飽和脂肪酸で、ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取することができます。カレーの薬効とにんにくの抗酸化力が、体内の細胞を酸化から守り、体力強化や老化防止にも優れています。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く