5月の旬のレシピ

 
大型連休の終わった5月は、すがすがしい「五月晴れ」が心を軽やかにしてくれる一方で、「五月病」といわれる症状が表れる時期でもあります。元来、「五月病」とは医学用語ではなく、決まった定義がある訳ではありませんが、この時期に無気力な状態に見舞われることが多いため、このように呼ばれています。
 眠れなくなったり、疲労感や倦怠感がずっしり重く感じられ、抑うつ気分に陥りやすく、どうにかしようとあせればあせるほど、深みにはまってしまうことが多いようです。
 そんな時は免疫力も低下しやすく、ちょっとしたことで体調を崩しやすいので注意しましょう。ビタミンCの豊富な食べ物を積極的に取ってストレスに負けない食生活を心がけ、疲れや倦怠感、食欲不振を和らげるビタミンB1や、硫化アリルを含有した食材を中心に、バランスのよい食生活を取ることが大切です。


[1]  2  3  次へ >>  
タコとキムチの炒め物 
生活習慣病を予防し、ダイエットにも有効
タコとキムチの炒め物 の画像
  • 15~20分
  • 脂質や糖質が少ないタコと発酵食品であるキムチを一緒に取ると、生活習慣病を予防しダイエットにも有効な食べ合わせになります。にらの硫化アリルが豚肉のビタミンB1の吸収を高めるので、疲れが取れ、食欲不振や精神安定の効果が期待できます。キムチ、にら、にんじんはともに抗酸化力が高く、細胞の酸化を防ぎ、老化やがん予防に有効に働きます。
    レシピ参照
 
スナップえんどうと豆腐の海苔ドレッシング
豊富なビタミンB群が発育を促し、美肌を作る
スナップえんどうと豆腐の海苔ドレッシング の画像
  • 20~25分
  • スナップえんどうと豆腐は、ともにビタミンB群や食物繊維を豊富に含み、特にビタミンB2は発育を促して唇の荒れや皮膚炎を予防し、食物繊維はコレステロール低下や便秘予防に有効に働きます。スナップえんどうが含有するビタミンCは、海苔のビタミンCやカロテンと一緒になり、皮膚に潤いを与え、メラニン色素の沈着を防いで美肌を作ります。豆腐のレシチンは脳細胞の活性化に有効な栄養素です。
    レシピ参照
 
スナップえんどうとカツオの和えもの
動物性と植物性のたんぱく質が、栄養価を高める
スナップえんどうとカツオの和えもの の画像
  • 20~25分
  • スナップえんどうの植物性たんぱく質と、カツオの動物性たんぱく質の両方をマヨネーズと一緒に取る栄養価の高い一品です。カツオには、良質な脂質やコレステロール値を下げるタウリンが豊富に含まれ、スナップえんどうやキャベツの食物繊維と一緒に、コレステロール値低下や動脈硬化の予防に働きます。春キャベツには潰瘍を治す働きのあるビタミンU(キャべジン)や、止血効果のあるビタミンKが豊富に含まれ、ともに生食すると無駄なく取ることができます。
    レシピ参照
 
スナップえんどうと鮭の炒め物
高い抗酸化力が細胞の酸化を防ぐ
スナップえんどうと鮭の炒め物の画像
  • 25~30分(きくらげを水で戻す時間は除く)
  • スナップえんどうときくらげの食物繊維が、腸の働きを整え便秘予防に有効に働きます。また、スナップえんどうのカロテン、鮭のアスタキサンチンはともに抗酸化力が高く、にんにくとしょうががプラスされることで、抗酸化力がさらに高まり、細胞の酸化を防いで抗がん作用に働きます。きくらげの食物繊維は胃の中で水を吸収して膨らむため、満腹感が得やすくダイエットに向く食材です。
    レシピ参照
 
スナップえんどうのベーコン巻きの画像
  • 20~25分
  • スナップえんどうとしいたけの食べ合わせは、スナップえんどうのビタミンCや食物繊維、しいたけの菌糸体や食物繊維の働きで、抗がん作用・動脈硬化・高血圧・便秘予防などに有効な食べ合わせになります。スナップえんどうのビタミンCはベーコンのビタミンAと一緒に取ることで、吸収率が高まり、血管が強化され感染症の予防に有効に働きます。
    レシピ参照
 
[1]  2  3  次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ