1月の旬のレシピ

 
新しい年を迎える1月は、ごちそうで胃腸が疲れやすい時でもあります。外気は下がり、室内で過ごすことが多くなりがちで、運動不足も手伝い体に脂肪がたまりやすくなります。苦みのある野菜を取ることで体内を浄化し、高たんぱくで低脂肪の食材を上手に取り、体力を保ち免疫力の強化に努めましょう。鶏肉やエビなど、体を温めエネルギーを補う食材は冬の食卓に有効です。


[1]  2  3  4  5   次へ >>  
アボカドのマグロどんぶり
アボカドとマグロの良質な脂質が血液サラサラに働く
アボカドのマグロどんぶりの画像
  • 10~15分
  • アボカドの脂質はビタミンEや不飽和脂肪酸のリノレン酸・リノール酸で、マグロの脂質は不飽和脂肪酸のDHAやEPA。ともに良質な脂質で、血液をサラサラにする働きに優れています。さらに、アボカドとマグロには増血作用のある鉄分が多く含まれており、貧血予防が期待できます。高カロリーなアボカドですが、レモン・青じそ・海苔のビタミンCが脂質の分解を助けてくれるため、取り過ぎの心配はありません。
    レシピ参照
 
エビの信田巻き
エビのベタインとタウリンが血中コレステロール低下に働く
エビの信田巻きの画像
  • 25~30分
  • エビに含まれるうまみ成分のベタインや遊離アミノ酸のタウリンは血中コレステロールを低下させる働きがあり、脂質異常の予防に有効です。油揚げと豆腐はともに大豆が原料で抗酸化力の高いイソフラボンを含有し、レーズンの抗酸化力と一緒に細胞の酸化を防ぎ、老化やがん予防の効果が期待できます。カルシウムも豊富に取れるため、骨や歯を丈夫にして骨粗しょう症の予防にも有効です。
    レシピ参照
 
カニとブロッコリーのポテトサラダ
カニのタウリンが動脈硬化を予防し、たんぱく質が体力を強化する
カニとブロッコリーのポテトサラダの画像
  • 10~15分
  • カニのたんぱく質・じゃがいもの炭水化物・マヨネーズの脂質を一緒に取ると、エネルギーが高まり体力がつく食べ合わせになります。ブロッコリーのβ‐カロテンはマヨネーズの脂質で吸収率が高まり、抗がん作用が高まり皮膚や粘膜を丈夫にします。カニが含有するタウリンは血中コレステロールを下げて動脈硬化を防ぐ働きがあり、ジャガイモのカリウムが体内の塩分を排出するので高血圧の予防に有効です。
    レシピ参照
 
カレイの煮付け
カレイのコラーゲンがシワを予防し美肌を作る
カレイの煮付けの画像
  • 10~15分
  • カレイの縁側部分(背びれと尾びれのつけ根)に含まれるコラーゲンは、美肌を作るたんぱく質として有名です。コラーゲンは20歳を境に減少していくため、食べ物などで効果的に取ることがシワを予防し美肌作りにつながります。カレイのたんぱく質は良質で消化がよいので、胃腸の弱っている時の栄養源としておススメです。ビタミンB2とタウリンがコレステロール値を低下させ、高血圧や動脈硬化予防に働き、にんじんとごぼうで抗酸化力と食物繊維を補います。
    レシピ参照
 
アサリごはん 
アサリの鉄分とビタミンB12が貧血予防に働く
アサリごはん の画像
  • 10分(米を水に漬ける時間と炊く時間は除く)
  • アサリの含むビタミンB12を無駄なく取れる一品です。ビタミンB12は悪性貧血の予防に有効で、さらに豊富に含まれる鉄分と一緒に貧血予防に有効に働きます。遊離アミノ酸のタウリンが中性脂肪を減らして脂質異常に働きます。また、タウリンの持つインスリン効果を高める働きは、ごぼうの食物繊維との相乗効果で血糖の急上昇を防いで糖尿病の予防に効果を発揮します。
    レシピ参照
 
[1]  2  3  4  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ