9月の旬のレシピ

 
食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋と、夏の暑さが和らぐ9月は秋の訪れを感じる季節です。山や里は実りを迎え、きのこや木の実、地中で育った根菜類が顔を出します。
 9月は「中秋の名月」の季節。夜空は澄み渡り透明な空気に包まれ、思いっきり深呼吸をしたくなる季節でもあります。が、一方、朝晩に冷気を感じるようになり、空気も乾燥してきます。乾燥した空気は私たちの喉の潤いを奪い、肌や髪の毛を乾燥させます。さらに、乾燥した空気を吸うために、呼吸機能を司る肺機能の低下や、気管支ぜんそくなどの季節病が発生しやすい季節でもあります。肺の機能が落ちると免疫力も低下するので、風邪を引きやすくなったり、インフルエンザにかかりやすくなるので、注意しましょう。
 秋は体を内外から潤して温め、免疫力を高める食事を心がけましょう。気管や肺を丈夫にすると同時に、外出先から戻ったらうがいもお忘れなく。


<< 前へ  6  7  [8] 
さつまいもとレーズンのオーブン焼きケーキ
効率のよいエネルギー源となり、便秘予防に働く
さつまいもとレーズンのオーブン焼きケーキの画像
  • 50~60分
  • 加熱に強いビタミンC、カリウムや食物繊維を多く含んださつまいもは、ビタミンCがメラニン色素の沈着を抑えて美白に働き、カリウムが高血圧を予防し、食物繊維が腸内環境を整えます。レーズンと一緒に取ると、効率のよいエネルギー源となり、便秘予防に有効な食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
鮭の凍み豆腐はさみ含め煮
骨や歯を丈夫にし、免疫力を高める
鮭の凍み豆腐はさみ含め煮の画像
  • 25~30分(凍み豆腐を戻す時間は除く)
  • 凍み豆腐はかために作った豆腐を凍らせてから乾燥させて作る保存食品です。栄養価が凝縮されているので、凍み豆腐1個の栄養は豆腐半丁分に値するといわれています。凍み豆腐に豊富に含まれるカルシウムは、しいたけのビタミンDと一緒に骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症の予防に働きます。凍み豆腐と豆腐の良質な植物性たんぱく質と鮭の動物性たんぱく質が免疫力を高め、鮭のアスタキサンチンとしいたけのレンチナンはともに抗腫瘍物質として優れています。
    レシピ参照
 
<< 前へ  6  7  [8] 
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ