6月の旬のレシピ

 
6月は梅雨の季節。梅雨入りは壬の日(みずのえのひ)とも呼ばれ、梅雨の語源は湿度が高くカビが発生しやすいことから「黴雨(ばいう)」が「梅雨」に転じたという説と、この時期には梅の実が熟する季節であるため「梅雨」と呼ばれるようになったという説があります。いずれにせよ、夏に向かって気温は上がり、雨によって湿度が高まるため、カビが発生しやすく、また食べ物が傷みやすいため、食中毒の発生の高い季節です。
 消化器系の働きを高め、生食に気をつけることが大切です。また、時間の経ってしまったものは、必ず再加熱をするようにしましょう。手をよく洗うこともお忘れなく。


<< 前へ  1  2  3  [4] 
キスの青しそ巻き天ぷら
抗酸化力が高まり、食欲増進に働く
キスの青しそ巻き天ぷらの画像
  • 20~25分
  • キスは良質なたんぱく質を持ち、カルシウム含有の高い魚です。脂質含有が少ないため天ぷらなど油で揚げてもカロリー過多の心配はありません。青しそ・梅干しと一緒に取ると、抗酸化力が高まり、食欲が増進される食べ合わせになります。キスの豊富なカルシウムが骨粗鬆症を予防し、梅干しのクエン酸と結合して鉄分の吸収促進に働きます。
    レシピ参照
 
キスの卯の花和え
キスとおからのカリウムが、高血圧の予防に働く
キスの卯の花和えの画像
  • 25~30分(キスを酢に漬ける時間は除く)
  • キスとおからを一緒に取ると、ともに含まれる豊富なカリウムが体内のナトリウムを調整し、高血圧の予防に有効な食べ合わせになります。おからに含まれる食物繊維は、腸の働きを整えると同時に体内の有害物質を排出する働きを持ち、コレステロール低下や便秘予防に有効です。くるみで良質な脂質を、あさつきでビタミンCを補います。
    レシピ参照
 
キスとオレンジの酢の物
クエン酸の働きでカルシウム吸収がアップする
キスとオレンジの酢の物の画像
  • 25~30分(キスを塩でしめる時間は除く)
  • カルシウムの豊富なキスに酢をプラスすると、カルシウムの吸収が高まり骨や歯を丈夫にして精神を安定する食べ合わせになります。オレンジのクエン酸がさらにカルシウム吸収を促します。アスパラガスのカロテンとオレンジのビタミンCは血管を強化し、美肌作りに働きます。
    レシピ参照
 
キスの香草チーズ焼き
免疫力や粘膜が強化される
キスの香草チーズ焼きの画像
  • 15~20分
  • キス・チーズ・卵は良質なたんぱく質やビタミンA、カルシウムなどを豊富に含んでいます。そのため一緒に取ると、免疫力や粘膜が強化され、美肌や骨粗鬆症などに有効な食べ合わせになります。ハーブ類をプラスすることで抗酸化力が高まり、免疫力がさらにアップします。付け合せにはビタミンCを補い栄養バランスを調えます。
    レシピ参照
 
白身魚の牛乳粥
風邪で熱がある時の栄養源としておススメ
白身魚の牛乳粥の画像
  • 20分
  • キスは良質なたんぱく質を持ち、淡白で消化がよいため、体力の落ちている時に最適な栄養源となります。牛乳と一緒に取ると、体質が強化されて、体のほてりが冷まされるため、風邪などで熱のある時に有効な食べ合わせになります。卵をプラスして、栄養バランスを整えます。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  3  [4] 
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ