1月の旬のレシピ

 
新しい年を迎える1月は、ごちそうで胃腸が疲れやすい時でもあります。外気は下がり、室内で過ごすことが多くなりがちで、運動不足も手伝い体に脂肪がたまりやすくなります。苦みのある野菜を取ることで体内を浄化し、高たんぱくで低脂肪の食材を上手に取り、体力を保ち免疫力の強化に努めましょう。鶏肉やエビなど、体を温めエネルギーを補う食材は冬の食卓に有効です。


<< 前へ  1  [2]  3  4  5   次へ >>  
レタスときのこの鍋
レタスのビタミン類がたっぷり取れる一品
レタスときのこの鍋の画像
  • 10~15分
  • レタスの持つビタミンEがたっぷり取れる一品です。さっと加熱することで、生食よりもたくさんのビタミンEを取ることができます。βーグルカンが豊富なまいたけを始めとするきのこ類は抗酸化力に優れ、レタスのカロテンと一緒にがん予防に有効な食べ合わせになります。きのこが含有するビタミンDがレタスのカルシウム吸収を高めるため、骨や歯が強化され、精神安定に働きます。
    レシピ参照
 
タンドリーラム肉のポン酢添え
ヨーグルトと香辛料に浸けて臭いを取る
タンドリーラム肉のポン酢添えの画像
  • 10分(肉を調味液に浸ける時間は除く)
  • 血を補い、体を温めて冷えを予防するラム肉は「女性の肉」とも呼ばれています。特有の臭いは脂肪部分に含まれているのでよく取り除き、ヨーグルトや香辛料に漬けておくと臭いが吸収され、さらに肉がやわらかくなり食べやすくなります。ヨーグルト・カレー粉・にんにく・しょうがで抗酸化力を高め、ポン酢醤油が食欲増進に働きます。体を温めるヘルシーなダイエット食としておススメです。
    レシピ参照
 
菜の花の天ぷら
菜の花とエビのカルシウムが骨や歯を強化する
菜の花の天ぷらの画像
  • 20~25分
  • 菜の花のβ‐カロテンは油で揚げることで吸収率が高まり、特有の苦みがやわらぎます。菜の花もエビもともにカルシウム含有に優れ、骨や歯を強化し、精神安定に働きます。カシューナッツのビタミンEが不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、老化を防止します。レモンや大根おろしでビタミンCを補うことで、粘膜が強化され美肌効果が高まります。
    レシピ参照
 
カレイのレタス蒸し巻き
カレイの動脈硬化予防効果を、レタスとクコの実が補う
カレイのレタス蒸し巻きの画像
  • 20~25分
  • カレイのカルシウムは、カレイが含有するビタミンDにしいたけのビタミンDがプラスされて吸収率が高まり、骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症予防に効果を発揮します。カレイのタウリンとレタスのカリウムが高血圧や動脈硬化の予防に働き、クコの実をプラスすることでその効果はさらに高まります。クコの実には抗酸化力の高いカロテンが豊富に含まれています。
    レシピ参照
 
エビあんかけかた焼きそば 
エビのカルシウムをしいたけのビタミンDが強化する
エビあんかけかた焼きそば の画像
  • 15~20分
  • 抗酸化力の高いしいたけとにんじん、たんぱく質の豊富なエビ、炭水化物を含有した焼きそばを一緒に取ると、体力や免疫力が高まる食べ合わせになります。エビのカルシウムはしいたけのビタミンDによって吸収力が高められ、骨粗鬆症や精神安定に有効に働きます。エビは体を温める働きがあり、ねぎなどの香辛料を加えるとその効果が一層高まります。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  [2]  3  4  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ