12月の旬のレシピ

 
12月は冬到来のスタート月です。冷たい北風が吹いて気温は下がり、寒い日々が続きます。この季節に影響を受けやすい体の臓器は「腎臓」です。腎臓は排尿をコントロールするだけでなく、成長や生殖と関わる役割を持つ大切な臓器です。また、インフルエンザが登場するのも冬のはじめの12月。冷たい乾燥した空気が鼻や喉の粘膜を弱めるため、免疫力が低下していると罹患しやすく、とくに免疫力のない子どもやお年寄りは気をつけましょう。
 腎臓を守り、インフルエンザを撃退するためにも、体を温め免疫力を高める効果に優れた旬の食材を上手に取り入れることが大切です。献立でトマトやきゅうりを使いたくても、ここはちょっと我慢しましょう。夏が旬の野菜は体を冷やす力が強く、逆効果になりかねません。


1  << 前へ  1  [2]  3  4  5   次へ >>  17
カキと春菊のにんにく炒め
貧血や動脈硬化を予防する
カキと春菊のにんにく炒めの画像
  • 15~20分
  • カキは良質なたんぱく質や鉄分などのミネラル類を豊富に含み、「海のミルク」と呼ばれている貝です。糖質のほとんどはうま味成分のグリコーゲンで、肝臓の機能アップに働きます。春菊のビタミンCがカキの鉄分の吸収を高めて貧血を予防し、タウリンの損失を防いで動脈硬化を予防します。油で炒めることで春菊のβ‐カロテンの吸収率が高まり、風邪の予防や美肌作りに効果を発揮します。にんにくは細かく刻むほど、薬効が有効に生きてきます。
    レシピ参照
 
しょうがとねぎのチーズ入り卵スープ
ねぎとしょうがで体を温め、風邪を予防する
しょうがとねぎのチーズ入り卵スープの画像
  • 15~20分
  • ねぎもしょうがも、血行をよくして体を温める働きがあるため、昔から引き始めの風邪予防に使われてきた食材です。ねぎの特有の辛み成分は硫化アリルの一種のアリシンで、しょうがの辛み成分はジンゲロンやショウガオール。ともに揮発性が高いので、使う直前に切ると薬効を無駄なく取り入れることができます。卵とチーズで良質なたんぱく質をプラスし、体力を高めて風邪を予防します。
    レシピ参照
 
みかんとブロッコリーのヨーグルトサラダ
抗がん作用が高く、便秘予防も期待できる
みかんとブロッコリーのヨーグルトサラダ の画像
  • 15分
  • みかんのビタミンCと、ブロッコリーのβ-カロテンや化学物質のスルフォラファンが、細胞の酸化を予防してがん抑制作用に働きます。みかんと酢のクエン酸が食欲を増進させて疲れを取り、豊富な食物繊維がコレステロールを低下させて便秘予防に働きます。
    レシピ参照
 
チンゲン菜のワンタンスープ
カロテン、ビタミンC、たんぱく質で風邪を撃退する
チンゲン菜のワンタンスープ の画像
  • 25~30分
  • 緑黄色野菜のチンゲン菜に豊富に含まれるβ‐カロテンは、油で炒めることで吸収率がアップし、粘膜強化に働きます。また、チンゲン菜はビタミンCも豊富に含んでいるため、風邪の予防も期待できる野菜です。しょうが・にら・ねぎの薬効が胃腸を温め、肉のたんぱく質が体力を強化します。しいたけをプラスして、免疫力を高めます。
    レシピ参照
 
カキのチャウダー 
各種栄養素が、虚弱体質を改善する
カキのチャウダー の画像
  • 20~25分
  • カキはアミノ酸バランスに優れたたんぱく質・グリコーゲン・亜鉛などの各種栄養素を豊富に含んでいる貝です。グリコーゲンはエネルギー不足時のスタミナ源となり、亜鉛は味覚障害や成長障害を予防し、免疫力強化に働きます。良質な牛乳のたんぱく質を加えると虚弱体質の改善に効果があり、脳の働きも高まります。ブロッコリーとじゃがいものビタミンCがカキの鉄分吸収を高めるため、貧血予防にも優れています。
    レシピ参照
 
1  << 前へ  1  [2]  3  4  5   次へ >>  17
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ