2月の旬のレシピ

 
節分が行われる2月3日は、旧暦では一年最後の日に当たります。年の終わりの日に、悪霊を追い払い福を呼び込む「豆まき」を行い、翌日の立春に旧正月を迎えます。立春は冬と春の分かれる節目の日であり、一年の初めの日でもありました。
 立春を迎えると少しずつ寒さが和らぎ、春の気配が感じられるようになってきます。山野では山菜が芽吹き出し、海では海藻がイキイキと育ち、そこまでやってきた春の息吹を感じることができるようになってきます。とはいえ、まだまだ空気は冷たく寒さも残る季節です。粘膜を強化する栄養素を十分に取って風邪に注意し、免疫力を高める食生活を心がけましょう。 


<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
せりとベーコンのにんにく炒め
せり・にんじん・にんにくで、抗酸化力を高める
せりとベーコンのにんにく炒めの画像
  • 10~15分
  • せりに含まれるビタミン類やミネラル類は、血液の流れをスムーズにして健康な状態にする作用を持っています。にんじんやにんにくと一緒に取ると、抗酸化力がより高まり細胞の酸化が予防される食べ合わせになります。加熱し過ぎると栄養素や薬効が減少してしまうので、短時間でさっと加熱しましょう。
    レシピ参照
 
せりと明太チーズの大根巻き
風邪を予防し、美肌を作る
せりと明太チーズの大根巻きの画像
  • 10~15分(大根のかつらむきを塩水に漬ける時間は除く)
  • せりと大根でビタミンC、せりとスライスチーズでビタミンAを取る食べ合わせは、血管や粘膜を強化し、風邪の予防や美肌作りに有効な一品です。せりの香り成分と大根の消化酵素が、胃腸の働きを促して消化を高めます。
    レシピ参照
 
せりのマグロ入りオムレツ
血や肉を作り、免疫力を高める
せりのマグロ入りオムレツ の画像
  • 10~15分
  • せり特有の精油精分と、マグロと卵の持つアミノ酸バランスに優れたたんぱく質をプラスしたオムレツは、血や肉を作り発育を促進し、免疫力を強化し風邪予防に有効な働きをします。マグロの脂質のDHAやEPAは良質な不飽和脂肪酸で、とくに含有量の多いDHAは、脳の機能を高め記憶力を向上させる働きに優れています。卵に足りないビタミンCをせりが補います。
    レシピ参照
 
せりと干しあんずのアーモンド和え
細胞の酸化を防いで、がん予防に働く
せりと干しあんずのアーモンド和えの画像
  • 20~25分
  • せり、干しあんず、アーモンドスライスはファイト・ケミカル(植物の持つ化学的な力)に優れた食材です。ファイト・ケミカルは高い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防いでがんの予防や老化防止に力を発揮します。せりや大根のビタミンCが抗酸化力をさらに高め、大根の持つ消化酵素ジアスターゼは生食で効果を発揮します。豊富な食物繊維が腸の働きを整えます。
    レシピ参照
 
たたきわらびのやまかけどんぶり
滋養に優れ、疲労感や倦怠感を回復する
たたきわらびのやまかけどんぶりの画像
  • 15~20分(わらびのアク抜きの時間は除く)
  • でんぷんを分解するジアスターゼやアミラーゼを含んでいるやまいもは、一緒に食べたものの消化吸収を高めるため、滋養強壮に優れた効果を発揮し、生食だとさらにその効果が高まります。わらびのビタミンB1分解酵素の働きは加熱により効力を失うので、ゆでたわらびの薬効は米の糖質を分解してエネルギーに変え、疲労感や倦怠感回復に働きます。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ