10月の旬のレシピ

 
10月は秋の真中の月。空はますます澄み渡り、夜空の月も冴え渡ります。10月は9月の「中秋の名月(十五夜)」と並ぶ「十三夜」のお月見の月であり、十三夜の夜は晴れ渡ることが多いため、「十三夜に曇り無し」ともいわれています。
 朝晩の冷気も増してくるので、体を冷やさず喉を痛めないように注意しましょう。皮膚や粘膜を強化するにはビタミンAやカロテンを豊富に含む食材を心がけて取るようにし、同時にビタミンCも不足なく取り、毛細血管や結合組織を丈夫にすることも大切です。粘膜が乾燥して固くなると呼吸器系の低下が起き、風邪をひきやすく、皮膚もパサつき乾燥肌になりがちです。
 胃腸を温める根菜類や、皮膚を潤す魚介類を賢く取り、秋の冷気に負けない体力をつけましょう。


<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
かぶと鮭の昆布漬け
かぶの抗がん物質と鮭のアスタキサンチンが抗がん作用に働く
かぶと鮭の昆布漬けの画像
  • 10分(漬けている時間は除く)
  • かぶに含まれる抗がん物質のグルコシノレートやビタミンCは、生食すると無駄なく取り入れることができます。この高い抗酸化力は鮭のアスタキサンチンと一緒に抗がん作用に働きます。かぶや昆布に含まれるカルシウムは、鮭のビタミンDの働きで吸収が高まり、骨や歯を丈夫にして骨粗鬆症の予防に有効です。
    レシピ参照
 
まいたけと根菜の煮物
がんや脂質異常の予防に働く
まいたけと根菜の煮物の画像
  • 20~25分
  • まいたけはきのこ全般に含まれているβ‐グルカンを多く含んでいるきのこです。β‐グルカンは免疫機能を高める・がん予防の効果が高い・腸内の老廃物の排出を促す働きも高いため、ごぼうの食物繊維と一緒取ると、コレステロール値低下や腸内環境に有効な食べ合わせになります。さといものヌメリが血中コレステロール低下を補助し、にんじんが抗酸化力を高めるため、がんや脂質異常の予防に有効です。
    レシピ参照
 
大根そば
大根のビタミンPとそばのルチンが、毛細血管を強化する
大根そばの画像
  • 20~25分
  • 大根の皮の部分とそばに含まれるビタミンPの一種であるルチンの働きで毛細血管が強化され、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害の予防が期待できる一品です。大根にはリグニン・セルロース・ペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整えて便秘予防に有効に働きます。しょうがの香り成分には健胃効果があります。
    レシピ参照
 
イカの韓国風春雨詰め
高い抗酸化力を持つタウリン
イカの韓国風春雨詰めの画像
  • 35~40分
  • イカは栄養価の高い低カロリー食品で、魚介類に含まれる遊離アミノ酸のタウリンを豊富に含んでいます。タウリンは高い抗酸化力を持ち、血中コレステロール値や中性脂肪低下に働くため、動脈硬化の予防に有効です。豚肉・たまねぎ・キムチが疲労回復や整腸作用に働きます。緑豆春雨は緑豆でんぷんから作られ、煮崩れしないのが特徴です。
    レシピ参照
 
サンマの古代米炊き込みごはん
サンマの栄養素を無駄なく取れる炊き込みごはん
サンマの古代米炊き込みごはんの画像
  • 10分(ごはんを炊く時間は除く)
  • サンマに含まれる良質な不飽和脂肪酸は、血栓を防ぐEPA(イコサペンタエン酸)や脳の老化を予防するDHA(ドコサヘキサエン酸)です。これら脂質は特に旬のサンマに豊富に含まれ、炊き込みごはんにすると脂質を無駄なく取り入れることができます。古代米は野生種の特徴を持った抗酸化力の高い米で、ミネラル含有に優れています。サンマ・古代米・にら・ごまを一緒に取ると、抗酸化力が高まり、老化防止が期待ができる食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ