1月の旬のレシピ

 
新しい年を迎える1月は、ごちそうで胃腸が疲れやすい時でもあります。外気は下がり、室内で過ごすことが多くなりがちで、運動不足も手伝い体に脂肪がたまりやすくなります。苦みのある野菜を取ることで体内を浄化し、高たんぱくで低脂肪の食材を上手に取り、体力を保ち免疫力の強化に努めましょう。鶏肉やエビなど、体を温めエネルギーを補う食材は冬の食卓に有効です。


<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
エビと落花生のレタスロール
消化に優れ、冷え性を予防する
エビと落花生のレタスロール の画像
  • 20~25分
  • エビのたんぱく質と落花生の不飽和脂肪酸は、ともに良質なエネルギー源として体に活力を与える栄養成分です。豆腐は消化吸収に優れ食欲増進の働きを持ち、レタスのビタミンEが血液の循環をよくするため、エビ・落花生・豆腐・レタスを一緒に取ると、体が温まり冷えを予防する食べ合わせになります。しょうがの辛み成分をプラスして、血行をよくして胃腸の働きを整えます。
    レシピ参照
 
エビとかぼちゃのコーン入りトロトロオムレツ の画像
  • 10分
  • 高たんぱくで低脂肪のエビはダイエットに向く食材です。含有している核酸が血行を促し、体を温めて腎機能を高めます。カロテンが豊富でビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるかぼちゃと、老化や健脳に優れた卵を一緒に食べ合わせると、体力が強化されて血行がよくなり体の中から温まります。卵は半熟状にすると消化率が高まります。
    レシピ参照
 
菜の花とカニの辛子和え
菜の花のカロテンが、風邪を予防し美肌を作る
菜の花とカニの辛子和えの画像
  • 10~15分
  • 菜の花のほのかな苦みと辛子の辛みがマッチした一品です。ビタミン類やミネラル類が豊富な菜の花に、カニで良質なたんぱく質、松の実で不飽和脂肪酸を補い、栄養バランスを整えます。抗酸化力に優れた菜の花と松の実が、細胞を酸化から守り、抗がん作用に働きます。菜の花のβ‐カロテンは松の実の脂質によって吸収力が高められ、風邪の予防や美肌作りに有効に働きます。
    レシピ参照
 
レタスチャーハン
レタスのビタミンEが老化を防止し、若さを保つ
レタスチャーハンの画像
  • 15~20分
  • たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン類やミネラル類がバランスよく取れる一品です。レタスのビタミンCとにんじんのβ‐カロテンの働きで粘膜が強化され、風邪予防や美肌が期待できます。レタスのビタミンEと落花生の脂質が老化を予防して若さを維持。豚肉のビタミンB1の吸収をにんにくのアリシンが高めるので、疲れが取れ、元気が出ます。
    レシピ参照
 
納豆とマグロのエスニック春巻き
納豆は血圧安定の効果が高い
納豆とマグロのエスニック春巻きの画像
  • 20分
  • 納豆は牛肉に匹敵する良質なたんぱく質を持ち、カリウム・マグネシウム・カルシウムなどをバランスよく含んだ血圧安定に有効な食べ物です。ワカメに含まれるカリウムやアルギン酸が体内の余分な塩分を体外に排出して高血圧や動脈硬化の予防に働きます。マグロやねぎを加えることで、高血圧の予防効果はさらに高まります。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ