7月の旬のレシピ

 
梅雨も明け本格的な陽射しが降り注ぐ7月は、太陽の光を浴びた元気でみずみずしい野菜や良質な脂質を持った魚が市場に出回ります。一方で、冷房病や熱中症、赤痢や腸チフスなどといった季節病を引き起こしやすい時期でもあります。
 夏に旬を迎える栄養価の高い食材をフルに活用し、夏バテや紫外線に負けない体力を作りましょう。体力が落ちると病原菌による食中毒などにも感染しやすくなります。


1  << 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  18
ウナギときゅうりの天ぷら 
ウナギのムコプロテインが食欲不振を解消する
ウナギときゅうりの天ぷら の画像
  • 20~25分
  • たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルが豊富なウナギは、夏バテを予防し体力を増強する代表的な食材です。ウナギと青じそを一緒に取ると、青じその胃腸の働きを高める働きがウナギの栄養成分を無駄なく吸収するため、体力強化や疲労回復に優れた食べ合わせになります。しそは熱を加えすぎると香りも栄養も半減してしまうので注意。きゅうりは加熱すると利尿作用が高まる性質を持っています。
    レシピ参照
 
ウナギとにんにくの炒り卵サラダ 
疲労回復や老化防止の効果が高い
ウナギとにんにくの炒り卵サラダ の画像
  • 20分
  • 夏バテ予防の筆頭に登場するウナギは、体に抵抗力をつけるビタミンA・疲労回復に働くビタミンB1・老化を防止するビタミンE・コラーゲンなどを豊富に含んでいるため、体力強化や美肌に優れた効果を発揮します。にんにくや卵を食べ合わせて、疲労回復や老化防止効果を高めます。
    レシピ参照
 
きゅうりと焼き豚のごま酢油漬け
豊富なカリウムが血圧安定に働く
きゅうりと焼き豚のごま酢油漬けの画像
  • 15分
  • きゅうりはウリ科の夏野菜で、生食すると体内の余分な熱を冷ます作用に働きます。カリウムも豊富に含んでおり、にんじんのカリウムと一緒に血圧正常化に働きます。焼き豚のたんぱく質・脂質・ビタミンBが体力強化と疲労回復に、酢の有機酸が食欲増進に働きます。
    レシピ参照
 
枝豆餃子 
豚肉、枝豆、にらは夏バテ予防のスタミナ食材
枝豆餃子 の画像
  • 25~30分
  • 豚肉、枝豆、にらは夏の体力増強に欠かせないスタミナ食材です。ともに共通しているのは豊富なビタミンB群を含んでいること。ビタミンB1の吸収率を高める硫化アリルを含有するにらとねぎを一緒に取ると、疲労を回復する効果が高まります。豚肉と枝豆はアミノ酸バランスのよいたんぱく質を含有しているため、体力強化にも優れています。酢じょう油を添えると疲労回復効果がさらに高まります。
    レシピ参照
 
じゃがいも・ベーコン・トマトの重ね煮
高血圧・心疾患・糖尿病予防も期待できる
じゃがいも・ベーコン・トマトの重ね煮の画像
  • 30分
  • じゃがいもはカリウムの王様とも呼ばれる根菜で、カリウムは余分な塩分を体外に排出する働きを持っています。トマトに含まれるビタミンCとカリウムがプラスされることで、塩分の多いベーコンと食べ合わせても塩分過多の心配がありません。たまねぎの硫化アリルが新陳代謝に働き、高血圧・心疾患・糖尿病予防が期待できます。
    レシピ参照
 
1  << 前へ  1  2  [3]  4  5   次へ >>  18
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ