11月の旬のレシピ

 
11月の大気は冬の気配が濃厚です。朝晩の冷え込みはさらに厳しくなり、冬の準備の助走期間を迎えます。この時期には体内を温める食べ物をしっかり取り、呼吸気管の保護に努めることが大切です。乾いた空気は肺などの呼吸気管を直撃しやすく、免疫力が低下すると風邪をこじらせ肺炎に…という状況になりかねません。滋養豊かな食材で免疫力を強化しましょう。
 11月は胃腸の働きを高め、体を温める根菜類がますますうまみを増してくる嬉しい季節です。ゼラチン質の多い魚介類や鶏の手羽先などの動物性たんぱくを上手に組み合わせて、免疫力を強化し秋の冷気に負けない体力をつけましょう。


<< 前へ  1  2  3  [4]  5   次へ >>  
ブロッコリーとサイコロステーキの温野菜サラダの画像
  • 20~25分
  • ブロッコリー・じゃがいも・にんじんはカロテン・ビタミンC・カリウム・食物繊維などの豊富な野菜で、アミノ酸スコア満点の牛肉と一緒に取ると、体力が強化されて免疫力が高まり、老化予防にも有効な食べ合わせになります。消化酵素を含んだ大根おろしとわさびをプラスして消化吸収を高めます。
    レシピ参照
 
やまいも入り茶碗蒸し
やまいもとなめこのネバリが体組織に弾力を与える
やまいも入り茶碗蒸しの画像
  • 25分
  • やまのいものネバリには肌に弾力を与え関節液を作るコンドロイチンや、新しい軟骨の生成を促進するグルコサミンなどが含まれています。なめこをプラスすることでコンドロイチンの摂取量がさらに高まります。エビと卵の良質なたんぱく質がグルコサミンの合成に働き、関節痛の予防に有効。体を温め栄養価も高い一品です。
    レシピ参照
 
りんご・チーズ・鶏の海苔巻き
バランスのよい栄養素が、美肌を作る
りんご・チーズ・鶏の海苔巻きの画像
  • 20分
  • りんご・チーズ・鶏肉を具にする海苔巻は、りんごのカリウムと食物繊維・チーズと鶏ササミ肉のたんぱく質と脂質・すし飯の炭水化物・海苔の葉緑素を一緒に取ることができる栄養バランスに優れた一品です。良質なたんぱく質やビタミン類が美肌やコレステロール低下に働きます。
    レシピ参照
 
ブロッコリーと鶏手羽先のスープ
ビタミンCとコラーゲンは、美肌を作る最強コンビ
ブロッコリーと鶏手羽先のスープの画像
  • 25~30分
  • ブロッコリーはキャベツの仲間で茎部分にも栄養成分がたっぷり含まれています。ビタミンCとカロテンが豊富で、コラーゲンがたっぷりの鶏手羽先と一緒に取ると、美肌を作る美容スープになります。ブロッコリーに含まれるがん抑制に働くスルフォラファンは熱に強いのですが、ビタミンCは熱に弱いので茹ですぎには注意しましょう。
    レシピ参照
 
サンマの根菜煮
動脈硬化予防に働く
サンマの根菜煮の画像
  • 30~35分
  • サンマは良質なたんぱく質と脂質、ビタミンAやB12などを豊富に含んでいる青魚で、脂質のDHAやEPAは動脈硬化や心筋梗塞などの予防に働きます。サンマと根菜を一緒に取ると、根菜類のカリウムや食物繊維が血栓や高血圧の予防に有効な食べ合わせになります。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  3  [4]  5   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ