7月の旬のレシピ

 
梅雨も明け本格的な陽射しが降り注ぐ7月は、太陽の光を浴びた元気でみずみずしい野菜や良質な脂質を持った魚が市場に出回ります。一方で、冷房病や熱中症、赤痢や腸チフスなどといった季節病を引き起こしやすい時期でもあります。
 夏に旬を迎える栄養価の高い食材をフルに活用し、夏バテや紫外線に負けない体力を作りましょう。体力が落ちると病原菌による食中毒などにも感染しやすくなります。


1  << 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  18
きゅうりと鶏ササミの甘酢和え
むくみを予防し、抗がん作用に働く
きゅうりと鶏ササミの甘酢和えの画像
  • 20分
  • 約96%といわれるきゅうりの水分には、高い利尿作用があり、手足のむくみを予防して血圧調整に働きます。苦み成分のククルビタシンには抗がん作用があり、しいたけのレンチナンや青しそのシソニンと一緒に抗がん作用に働きます。高たんぱくで低脂肪な鶏ササミ肉は胃腸の弱った時に向く食材で、含有する不飽和脂肪酸はコレステロールを減らす働きを持っています。
    レシピ参照
 
キウイフルーツと鶏手羽先のカレー
コラーゲン吸収が高まり、肌に弾力が出る
キウイフルーツと鶏手羽先のカレー の画像
  • 30分
  • キウイフルーツと鶏手羽先は、シミとシワを予防する優れた食べ合わせです。キウイフルーツに含まれるビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、ビタミンEはメラニン色素の排出を促し美肌を作ります。一方、鶏手羽先に豊富に含まれるコラーゲンは肌に弾力を与え、ビタミンCと一緒に取るとその効果は倍増します。カレーの抗酸化力が細胞の酸化を予防し、食欲増進に働きます。
    レシピ参照
 
ウナギ入り小豆粥
豊富なビタミンB1が疲労回復に働く
ウナギ入り小豆粥の画像
  • 30分
  • 小豆はビタミンB1・カリウム・食物繊維を、ウナギはビタミンA・B1・Eを豊富に含んでいる食材です。ともに含まれるビタミンB1が糖質を分解してエネルギーに変えるため、小豆とウナギを一緒に取ると優れた疲労回復力を発揮する食べ合わせになります。良質な糖質・たんぱく質・脂質も豊富なため、体力が強化され、熱中症の予防にも有効です。
    レシピ参照
 
小田巻き蒸し
滋養に優れた夏バテ食
小田巻き蒸しの画像
  • 30~35分
  • ウナギ特有のヌメリはムコプロテインという糖たんぱく質の一種で、夏の弱った胃腸の粘膜を保護して食欲不振を解消する夏バテ予防に優れた食材です。栄養バランスのよい卵、ビタミンB1を含む落花生、消化のよい良質なたんぱく質を持つ鶏肉と一緒に取ると、滋養や疲労回復に優れた夏バテ予防食になります。冷やして食べてもおいしいので、暑さで食欲の落ちた時にもおススメです。
    レシピ参照
 
アボカド・タラコ・グレープフルーツのベーグルサンドの画像
  • 15分
  • ビタミンEが豊富なアボカドとタラコに、ビタミンC含有の高いグレープフルーツを食べ合わせると、メラニン色素の排出が活発になってシミが薄くなり、美白効果に有効です。レモン汁やレタスをプラスしてビタミンCの効能をさらに高めます。抗酸化力も高く、細胞の酸化が予防され、老化防止や抗がん効果が期待できます
    レシピ参照
 
1  << 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  18
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ