11月の旬のレシピ

 
11月の大気は冬の気配が濃厚です。朝晩の冷え込みはさらに厳しくなり、冬の準備の助走期間を迎えます。この時期には体内を温める食べ物をしっかり取り、呼吸気管の保護に努めることが大切です。乾いた空気は肺などの呼吸気管を直撃しやすく、免疫力が低下すると風邪をこじらせ肺炎に…という状況になりかねません。滋養豊かな食材で免疫力を強化しましょう。
 11月は胃腸の働きを高め、体を温める根菜類がますますうまみを増してくる嬉しい季節です。ゼラチン質の多い魚介類や鶏の手羽先などの動物性たんぱくを上手に組み合わせて、免疫力を強化し秋の冷気に負けない体力をつけましょう。


<< 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  
長いもとカレイの海苔揚げ
長いもとカレイは関節痛予防に効く食べ合わせ
長いもとカレイの海苔揚げの画像
  • 15分
  • 長いもとカレイを一緒に取ると、長いものコンドロイチンとグルコサミン・カレイの良質なたんぱく質が肌に弾力を与えてみずみずしさを維持し、関節液不足を補って関節痛予防に働く食べ合わせになります。海苔や青じそに含まれるビタミンAが粘膜を強化し、美肌作りにも有効です。
    レシピ参照
 
りんごと鶏ササミ肉の生春巻き
脂質異常を予防し、便秘解消に働く
りんごと鶏ササミ肉の生春巻きの画像
  • 25分
  • りんごのペクチンと鶏肉の不飽和脂肪酸が、血中コレステロールを低下させて脂質異常の予防に働きます。レタスの食物繊維がプラスされることで整腸作用が高まり、便秘予防効果もアップ。生春巻きの皮で炭水化物を、レタスでビタミンCを補い、栄養バランスを整えます。ヘルシーなダイエット食としておススメです。
    レシピ参照
 
りんごとキムチの卵とじ
抗がん抑制の最強メニュー
りんごとキムチの卵とじ の画像
  • 10分
  • りんごとキムチは、りんごの皮に含まれる抗がん成分と、キムチの抗酸化力の働きで、がん発生が抑制され細胞の酸化が予防される食べ合わせです。りんごのペクチンとキムチの乳酸菌の働きで、腸内の善玉菌が繁殖し、大腸がんや便秘の予防に有効に働きます。卵の栄養価がプラスされ、免疫力や体力強化にも優れています。
    レシピ参照
 
りんごサラダ
食物繊維とカリウムがタップリ取れる
りんごサラダの画像
  • 15分
  • りんご・バナナ・セロリは食物繊維やカリウムが豊富な食材です。一緒に取ると、豊富な食物繊維が便秘を解消して血中コレステロールを低下させ、カリウムが体内のナトリウムを調整して血圧安定に働く食べ合わせになります。ヨーグルトが腸内の働きをさらに高め、くるみとマヨネーズで脂質を補います。
    レシピ参照
 
カリフラワーのマリネ
高い抗酸化力を持ち、美肌にも有効
カリフラワーのマリネの画像
  • 10~15分(味をなじませる時間は除く)
  • カリフラワーはブロッコリーが突然変異して誕生したといわれ、別名「花キャベツ」とも呼ばれています。血管強化に働くビタミンCを多く含み、ビタミンCは加熱による紛失率が少ない優れもの。サーモンのピンクの色はアスタキサンチンと呼ばれるカロチノイド色素で、体内でビタミンA効果を発揮します。カリフラワー・サーモン・しめじは抗酸化力の高い美肌やダイエットにも有効な食べ合わせで、カリフラワーが含有するビタミンB1と酢が一緒に働き、疲労回復にも効果があります。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ