2月の旬のレシピ

 
節分が行われる2月3日は、旧暦では一年最後の日に当たります。年の終わりの日に、悪霊を追い払い福を呼び込む「豆まき」を行い、翌日の立春に旧正月を迎えます。立春は冬と春の分かれる節目の日であり、一年の初めの日でもありました。
 立春を迎えると少しずつ寒さが和らぎ、春の気配が感じられるようになってきます。山野では山菜が芽吹き出し、海では海藻がイキイキと育ち、そこまでやってきた春の息吹を感じることができるようになってきます。とはいえ、まだまだ空気は冷たく寒さも残る季節です。粘膜を強化する栄養素を十分に取って風邪に注意し、免疫力を高める食生活を心がけましょう。 


<< 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  
粉茶トロロとマグロのやまかけ
高血圧や糖尿病の予防にも有効
粉茶トロロとマグロのやまかけ の画像
  • 10分
  • 粉茶のカテキン、マグロのDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)、長いもの酵素は免疫力を高めてアレルギー症状を緩和する食べ合わせです。加熱しないで食べることで、マグロの良質な脂質や長いもの酵素を十二分に取り入れることができます。高血圧や糖尿病の予防、老化防止にも有効です。
    レシピ参照
 
揚げ鮭のマリネソース
高血圧や動脈硬化の予防に働く
揚げ鮭のマリネソースの画像
  • 20分(冷蔵庫で冷やす時間は除く)
  • 鮭はビタミンB群をバランスよく含み、カルシウム吸収を高めるビタミンDを豊富に含んでいる魚です。良質なたんぱく質が血圧低下に働き、硫化アリルを含むたまねぎやビタミンPを含むピーマンと一緒に取ると、高血圧や動脈硬化を予防する食べ合わせになります。水溶性の食物繊維を含むワカメを一緒に取ると、血圧上昇の抑制効果がさらに高まります。
    レシピ参照
 
イカとチーズのそば海苔巻き
動脈硬化や糖尿病の予防にも有効
イカとチーズのそば海苔巻きの画像
  • 40分
  • イカは高たんぱくで低脂質な低カロリー食品です。豊富に含まれるアミノ酸の一種であるタウリンが血圧を正常に保ち、動脈硬化や糖尿病の予防に有効に働きます。そばのルチンと海苔のカルシウムやカリウムが血管強化に、チーズのたんぱく質やカルシウムが血圧安定に働きます。
    レシピ参照
 
スティックセニョールとツナのマヨネーズサラダの画像
  • 10分(0)
  • スティックセニョールとワカメは、スティックセニョールの化学物質とワカメのアルギン酸により、抗がん作用が期待できる食べ合わせです。また、カルシウムも豊富に含まれているため、骨や歯が強化され精神安定に有効に働きます。ツナとマヨネーズで良質なたんぱく質と脂質を補い、栄養バランスを整えます。
    レシピ参照
 
こんにゃくステーキ
良質な脂質とカロテンが、肌の潤いを高める
こんにゃくステーキの画像
  • 15分
  • こんにゃくとオリーブ油を一緒に取ると、こんにゃくのセラミドとオリーブ油の良質な不飽和脂肪酸が肌を潤し、乾燥肌の予防に優れた食べ合わせになります。ワカメのカロテンがその作用をさらに高め、にんにくの抗酸化力が細胞の酸化予防に働きます。
    レシピ参照
 
<< 前へ  1  2  3  4  [5]   次へ >>  
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ