行事食・記念日食レシピ

 
行事食
日本には四季折々の年中行事があります。本来、年中行事は「神様を呼び、ご馳走を捧げる日」で、「ハレの日」とも呼ばれ、食卓には普段にはないご馳走が並ぶ日でした。
農耕民族であった日本人にとって季節の変化は稲作を中心とする農耕手順の目安になるもの。その目安となる日に行事を行い、収穫に感謝してきました。
また、季節の変わり目は体調を崩しやすく、そのため季節の変わり目に「ハレの日」というご馳走を食べる日を設け、体に栄養と休息を与えてきました。
行事食は体調を崩しやすい季節の変わり目を、賢く乗り切る「食の知恵」でもあったのです。
現代は飽食の時代と呼ばれるように、毎日が「ハレの日」のような食生活です。しかし、疾病が増え続けている現状を考えると、豊かな食は必ずしも健康を約束してはくれません。行事食は、自然の恵みに感謝しながら食生活を営んできた先人たちが生み出した食事。飽食を戒め、今一度その食の知恵を見直してみましょう。

記念日食
記念日とは「何らかの物事や過去の出来事を記念する日」です。公的なものと私的なものがあり、公的な記念日としては「行事」があり、私的な記念日の代表として誕生日や結婚記念日などがあります。ここでは、行事以外で、食べ物に関する記念日を取り上げていきます。日付の数字の語呂合わせから設定されたものが多いのですが、旬や体調などの季節や、由来や発見などの誕生とも結びついたものも多くあります。記念日に設定された「食べ物」を日常生活に取り入れ、その食べ物をより身近に考えるキッカケにしていきましょう。
 



1月の行事食/記念日食レシピ
2月の行事食/記念日食レシピ
3月の行事食/記念日食レシピ
4月の行事食/記念日食レシピ
5月の行事食/記念日食レシピ
6月の行事食/記念日食レシピ
7月の行事食/記念日食レシピ
8月の行事食/記念日食レシピ
9月の行事食/記念日食レシピ
10月の行事食/記念日食レシピ
11月の行事食/記念日食レシピ
12月の行事食/記念日食レシピ
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ