10月の記念日食レシピ

⇒記念日の食    ⇒10月の行事食レシピ    ⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」


10月2日
豆腐の日
蒸し豆腐のくるみ餡かけ
胃腸が整えられ、老化防止や健脳効果も期待できる
蒸し豆腐のくるみ餡かけの画像
  • 15分
  • 大豆よりも消化吸収に優れている豆腐は、まだ夏の疲れが残っている体には最適の食べ物です。長いもと一緒に取ると胃腸が整えられ、その効能はしょうがの辛み成分が加わることでより一層高まります。くるみをプラスするとビタミンEの摂取量が高まり、老化防止や健脳効果が期待できます。
    レシピ参照

マーボー豆腐
脳の老化が防止され、疲労回復に働く
マーボー豆腐の画像
  • 15分
  • 豆腐と豚肉を一緒に取ると、脳の老化防止が期待できる食べ合わせになります。豆腐と豚肉に含まれるビタミンB1は、長ねぎ・にんにく・しょうがと一緒に取ることで吸収率が高まり、糖質が分解されて疲労感や倦怠感の回復に働きます。無数の微生物が生息している味噌が加わることで免疫力が強化され、健康体維持が期待できます。
    レシピ参照

 
10月4日
イワシの日
イワシの梅煮
血流がよくなり、脳の老化が防止される
イワシの梅煮の画像
  • 30分
  • イワシを梅干しやしょうがと一緒に煮付ける梅煮は、イワシ特有の臭みを消すと同時に、梅干しのクエン酸やしょうがの辛み成分ショウガオールが、イワシに含まれる不飽和脂肪酸の酸化防止に働きます。そのため、良質の脂質が有効に取り入れられ、血液の流れがよくなり、脳の働きを高めて老化防止に効果を発揮します。イワシの下に経木を敷いて煮ると、イワシが鍋に付くのを防ぐことができます。
    レシピ参照

イワシのつみれ汁
血栓予防が期待できる
イワシのつみれ汁の画像
  • 20分
  • たっぷりのごぼうのささがきと味噌で作るイワシのつみれ汁は、イワシの血液をサラサラにする働きが強化されるため、脳血栓や心筋梗塞などの予防効果が期待できる食べ合わせです。イワシにはカルシウム吸収を高めるビタミンDが豊富に含まれており、骨や歯を強化して精神安定に働きます。ごぼうの食物繊維が胃や腸を掃除して便秘予防に働き、腸内の善玉菌の発育を助けます。
    レシピ参照

 
10月10日
マグロの日
マグロと卵のそば寿司
記憶力が向上し、潤いのある肌を作る
マグロと卵のそば寿司の画像
  • 20分
  • マグロ・そば・海苔は、マグロのたんぱく質と脂質、そばの糖質、海苔のビタミンやミネラルが取れる栄養バランスのよい食べ合わせです。マグロのDHA(ドコサヘキサエン酸)と卵のレシチンが脳の活性化に働くため、記憶力や集中力の向上が期待できます。海苔と小松菜のビタミンA/カロテンとCが、肌に潤いを与え、抗がん効果にも有効です。
    レシピ参照

マグロのチヂミ
貧血や冷え性予防に有効
マグロのチヂミの画像
  • 15分(きくらげを水で戻す時間は除く)
  • マグロの赤身は低脂肪でたんぱく質の含有量は魚の中ではトップクラス。豊富に含まれる鉄分は、たんぱく質の働きが加わることで吸収率が高められ、貧血や冷え性予防に有効に働きます。小麦粉と白玉粉で糖質を、きくらげやねぎで食物繊維を補うことで、体力が改善され、高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。
    レシピ参照

 
さつまいものミルク煮
優れた抗がん予防が期待できる
さつまいものミルク煮の画像
  • 30分
  • さつまいも・にんじん・しいたけは、がん予防が期待できる食べ合わせです。さらに食物繊維も豊富なため、便秘の予防や改善に優れた働きを発揮します。さつまいもやにんじんのβ-カロテンは油や加熱することで吸収率が高まるため、より一層の抗がん作用が期待できます。良質で消化のよい牛乳を加えることで、たんぱく質や脂質を補ぎない、栄養バランスを整えます。
    レシピ参照

さつまいもパスタ
豊富なビタミンCとカロテンが免疫力を強化する
さつまいもパスタの画像
  • 20分
  • さつまいものビタミンC含有量は野菜の中ではトップクラス。さらに加熱に強いすぐれものです。エネルギー源となる糖質を豊富に含んでおり、ベーコンのたんぱく質や脂質が加わることで、体力強化に働きます。アスパラガスをプラスしてカロテンや食物繊維を補い、粘膜強化や腸内環境を整えます。にんにくの抗酸化力が細胞の酸化を予防して免疫力強化に働きます。
    レシピ参照

 
青じその卵かけごはん
青じそでビタミンCをプラスする
青じその卵かけごはんの画像
  • 30分
  • たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルを豊富に含む卵は、その栄養価の高さから完全食品と呼ばれています。唯一不足しているのが、ビタミンCと食物繊維。栄養バランスを満点にするため、青じそを加えてビタミンCと食物繊維を補います。青じそ特有の香りには抗菌作用があり、その効能は細く切るほど有効に働きます。
    レシピ参照

豚そぼろの卵かけごはん
体力が強化される食べ合わせ
豚そぼろの卵かけごはんの画像
  • 30分
  • 卵のたんぱく質は必須アミノ酸のすべてを含んでおり、アミノ酸スコア満点の食材です。特に穀類に少ない必須アミノ酸のメチオニンが多く含まれているため、ごはんと一緒に取るとアミノ酸組成がより一層高まる食べ合わせになります。豚ひき肉としょうがをプラスすることでビタミンB1の吸収が高まり、疲労回復や倦怠感が予防され、体力強化が期待できます。
    レシピ参照

 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ