3月の記念日食レシピ

⇒記念日の食    ⇒3月の行事食レシピ    ⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」


はちみつりんご煮ヨーグルトがけ
腸内の環境が整い、発がん物質を失活させる
はちみつりんご煮ヨーグルトがけの画像
  • 20分(冷蔵庫で冷やす時間は除く)
  • はちみつに含有されるイソマルトオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、便秘や下痢を予防する働きを持っています。りんごのペクチンとヨーグルトの乳酸菌を一緒に取ることで、腸内の善玉菌ビフィズス菌が増え、発がん物質を失活させる働きが高まります。レーズンを加えて老化防止を高めます。
    レシピ参照

鶏ササミのレモンはちみつソース 
即エネルギー源となる
鶏ササミのレモンはちみつソース の画像
  • 25分(鶏ササミ肉を漬ける時間は除く)
  • はちみつはミツバチが花から集めた蜜のことで、主成分は単糖類の糖分です。単糖類のためビタミンB群の助けがなくてもエネルギー源となるため、疲れを取る即効力に優れ、レモンのクエン酸がプラスされることでさらに即効性が高まります。消化がよく良質のたんぱく質と脂質を持つ鶏肉と食べ合わせると、肌荒れが予防され美肌効果が高まります。
    レシピ参照

 
3月9日
雑穀の日
さといものもち粟あんかけ
消化吸収が高まり、食欲増進に働く
さといものもち粟あんかけの画像
  • 25分
  • 粟は食物繊維・カルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラルを豊富に含んでいる雑穀です。粟に長ねぎとしょうがを加えると、胃液の分泌が高まって消化吸収がよくなり、さといもの胃腸を丈夫にする働きと一緒に、食欲増進に働きます。さといものヌメリ成分は脳細胞を活性化し、免疫力を強化する働きを持っています。
    レシピ参照

雑穀入り蒸しパン
雑穀は現代人に不足気味な栄養成分の供給源
雑穀入り蒸しパンの画像
  • 25分
  • 雑穀にはその小さな粒ひとつずつに命の源が含まれています。精白していないためビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、現代人に不足気味な栄養成分の供給源となり、体調を整えて健康維持に働きます。雑穀と小麦粉の糖質に、牛乳と卵のたんぱく質と脂質を加えることで、バランスの取れたエネルギー源を取ることができます。
    レシピ参照

 
きゅうりの糠漬けサンドイッチ
ビタミンB群の働きが高まる
きゅうりの糠漬けサンドイッチの画像
  • 10分
  • きゅうりの糠漬けをはさんだキューカンバー風サンドイッチです。糠漬けは玄米の外皮や胚芽部分で作られた漬け物で、ビタミンB群、食物繊維、乳酸菌、酵素などが豊富に含まれています。糠に漬けることでさまざまな栄養成分が誕生し、特にビタミンB群が増加されます。全粒粉のパンと食べ合わせると、コレステロールが低下し、整腸作用が高まり便秘や肌荒れ予防の効果が期待できる食べ合わせになります。
    レシピ参照

ごまペーストのサンドイッチ
ごま・松の実・くるみは老化防止に有効
ごまペーストのサンドイッチの画像
  • 20分
  • ごまは成分の半分以上が良質な不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸で構成され、コレステロール低下や血管をしなやかにする働きに優れています。ごま・松の実・くるみを一緒に取ると、高い抗酸化力と良質な脂質が、老化防止に優れた食べ合わせになります。豊富なカルシウムや食物繊維が骨粗鬆症や便秘予防に働き、はちみつのパントテン酸が神経の高ぶりを抑えます。
    レシピ参照

 
3月20日
ワインの日
さつまいもとにんじんのワイン煮
がん予防効果が高まる
さつまいもとにんじんのワイン煮の画像
  • 30分
  • ワインに含まれるポリフェノールは動脈硬化を予防し、血流をよくするなどの働きを持っています。ポリフェノールはぶどうの皮や種子に多く含まれているため、赤ワインの方がより効果的。赤ワインと一緒にさつまいもとにんじんを取ると、ポリフェノールとβ-カロテンの働きで、がん予防効果の高い食べ合わせになります。
    レシピ参照

アジと根菜のワイン煮
免疫力が強化される
アジと根菜のワイン煮の画像
  • 30分
  • 赤ワインのポリフェノール、アジの不飽和脂肪酸のEPAやDHA、ごぼうのリグニン、れんこんのタンニンが細胞の酸化を予防して免疫力の強化に働きます。豊富な食物繊維がコレステロールや老廃物を体外に排出し、便秘や生活習慣病を予防。良質なたんぱく質や脂質がダイエット食にも有効です。
    レシピ参照

 
3月21日
卵の日
うずら卵のカレーピクルス
健脳効果の高い保存食
うずら卵のカレーピクルスの画像
  • 15分(卵を漬け汁に漬ける時間は除く)
  • うずら卵は小さいけれども栄養価の高い食品で、うずら卵5個の栄養価は鶏卵1個に相当します。抗酸化力の高いカレー粉・栄養吸収を高める酢と一緒に取ると、細胞の酸化が予防され脳の働きが高まる食べ合わせになります。栄養が不足気味の時に特におススメの保存食です。
    レシピ参照

卵とトマトのスープ
滋養に優れ、免疫力を高める
卵とトマトのスープの画像
  • 10分
  • 鶏卵のたんぱく質はすべての必須アミノ酸を含んだ組成をしており、特にメチオニンを多く含んでいます。トマトのリコピンを加えると抗酸化力が高まり、滋養に優れた免疫力の高い食べ合わせになります。トマトの酸味のクエン酸やリンゴ酸が疲労物質を取り除き、卵黄に含まれるレシチンと一緒に脳の働きを高めます。
    レシピ参照

 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ