2月の行事

⇒2月の記念日食レシピ     ⇒記念日の食     ⇒2月の行事食レシピ


2月3日
節分
立春の前日が「節分」で、太陽暦では2月の3日か4日にあたります。この日はちょうど冬から春の節に変わる日で、地方によっては「寒ばなれ」「節替わり」などとも呼ばれています。夜には「福は内、鬼は外」といいながら、鬼の嫌いな豆をまきます。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、鬼が象徴する「病気」「災難」を防ぐと考えられています。自分の年齢よりも豆を一つ多く食べることで、来年までの無病息災を祈ります。
また江戸時代の後期に誕生した「巻きずし」から、その年の恵方に向かって巻き寿司を食べる「恵方巻き」の習慣が生まれています。恵方とは歳徳神の在する方位で、その年によって異なり、今年の恵方は東北東にあたります。恵方巻きの作り方や食べ方に関しては諸説ありますが、正確な所は不明です。恵方を敬い威儀を正す習慣に巻きずしが結びつき、「七福神にちなんで七種類の具を巻き込む」「縁を切らないため包丁を入れず、丸ごとかぶりつく」「福が逃げるので無言で食べる」などの決まりごとが後からつき、風習となったと考えられます。


 
2月最初の午の日で、お稲荷さまの縁日。この日には小豆飯を炊いて食べます。お稲荷さまはキツネの背中に乗ってやってくるといわれていますが、稲荷は「稲生り」で農事の神さま、水田の守護神です。豊かな実りは藩の繁栄にも結びつくため、お稲荷さまは開運の神としても祀られています。小豆飯の他に、団子に納豆をかけて食べると丈夫な糸の繭ができるという言い伝えもあります。2009年の初午は2月6日(金)、二の午は2月18日(水)、三の午は3月2日(月)。初午の早い年は「火早い」という迷信があり、火防の祭りをしたり、屋根に水をかけたりする風習もあります。


 
2月8日
事の日
「事」とは祭事のことで、事の神は「田の神・農神」を指します。この日は農事を始める日で、代表的な農作物で作る「おこと汁」を食べ、豊作を祈願します。おこと汁の具はさといも、大根、にんじん、ごぼう、小豆、こんにゃく、くわいなど、土から取れるものなら何でもOKで、味噌味で仕上げます。また、この日は「針供養」の日でもあります。折れた針を供養したり、やわらかい豆腐やこんにゃくに針を刺して休ませ、裁縫の上達を祈願します。


 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ