5月の行事

⇒5月の記念日食レシピ     ⇒記念日の食     ⇒5月の行事食レシピ


こどもの日として祝日になっているこの日は、「端午の節句」「菖蒲の節句」「男の節句」などと呼ばれています。この行事は中国の習俗を起源としており、古く中国では5月の初午の日に薬草で悪疫除けをする慣わしがありました。その風習が日本に伝わり、平安時代の宮廷では香りの強いよもぎや菖蒲で軒を葺いて魔よけをし、菖蒲で身を清めて病魔を払うという慣わしが行われていました。やがてその宮廷行事が武家社会に伝わり、菖蒲は「尚武(しょうぶ=武を尊ぶ)」に通じることから、男の子の節句となり、「鯉のぼり(陣中の目印として用いられた吹流しの変形)」「のぼり(軍旗の変身)」「鎧兜」など、すべて武士の出陣の品々を仕立て、悪鬼や災厄を祓うという目的となり、男児を祝うようになったのは江戸時代以降といわれています。
盛夏入りを前にしたこの日には、柏餅やちまきを食べて体力をつけます。柏餅の原型は、「(ぶと)」という古代菓子で、日本最古のお菓子の一種といわれ、ちまきは平安時代に中国から伝わった食べ物です。
また、山から採取してきたよもぎや菖蒲を、一夜、夜露にさらし、その露を飲むと夏中病気にかからないともいわれています。


 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ