7月の行事

⇒7月の記念日食レシピ     ⇒記念日の食     ⇒7月の行事食レシピ


陰暦の7月7日は七夕祭り、星祭りとも呼ばれ、「星祭り」「乞巧奠(きつこうでん)」「日本固有の民族行事」などが複合して出来上がった行事といわれています。
星祭りは天の川にかかったカササギの橋を渡り、牽牛星(けんぎゅうせい 彦星)と織女星(おりひめせい 織姫)が年に一度出会う日で、乞巧奠は女性の手芸上達を願う行事。この2つは中国から伝わった行事です。一方、日本固有の民族行事はお盆の前に穢れを祓い浄める行事で、七夕の日に水浴びをして穢れを祓い、地域によっては雨を浄めと考え、七夕の日には短冊が流れるほど雨が降るのがよいと考えられていました。七夕の日の水浴びは「ねむり流し」「ねぶた流し」ともいわれ、青森の「ねぶた祭り」も、本来は穢れを水に流す祓いの行事といわれています。
七夕は奈良時代に宮廷や貴族の間に取り入れられ、やがて庶民に広まっていきました。現代も行われている笹竹と短冊の風習は、寺小屋が普及した江戸時代に広く庶民の生活に定着し、江戸時代の市中では、前日の6日の夕方に若竹に願い事を書いた五色の短冊などを飾り軒先に立てるしきたりが行われていました。また、笹の葉に鬼灯(ほおずき)を下げるのは、母性保護のためで、鬼灯の根を煎じて飲むと便秘に効果があるといわれています。
現在、七夕には「そうめん」が食されますが、そうめんを食べるのは織姫の糸になぞらえたもので、その祖形となったものは「索餅(さくぺい)」といわれる小麦と米粉で作られた麺であるといわれています。


 
盆釜は、お盆に川原・道端・寺の前などの野外に竈(かまど)を築いて煮炊きし、共同で食事をする行事です。お盆の14日に行われるのが一般的ですが、15日に行う地域もあり、地域によっては女性ばかりとか、子ども(特に女児)たちだけとかの行事になっている所もあります。先祖の霊についてやってくる外精霊(そとしょうりょう 無縁仏のこと)を供養し、慰めて帰すのが本来の目的ですが、実際は骨休めのレクリエーションになっていたようです。「川原飯(かわらめし)」「お夏飯(おなつめし)」「辻飯(つじめし)」などとも呼ばれ、五目飯や百合飯などの変わり飯にするのが慣わしで、これを豆や柿の葉に持って食べます。子どもの遊びである「ままごと」は、この盆釜が遊びに転化したものといわれています。


 

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ